SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

【新加入選手インタビュー/磯村直樹】サッカー一家の長男がオーシャンズでトップ昇格するまで。「先輩に騙されるようにして、フットサルを始めました(笑)」

PHOTO BY軍記ひろし

2失点に絡んで前半32分で交代した記憶

──高校は静岡県の藤枝明誠高校へ進学しました。地元を離れた理由は何だったのでしょうか。

「おもしろいサッカーをしたい」という想いが強くて、愛知県でプレーする選択肢はなかった。藤枝明誠に練習参加したときにすごくおもしろくて、「ここしかない!」と即決しました。

──どういうところが魅力だったのでしょう?

「蹴って走って」というスタイルとはかけ離れていて、自陣からボールをしっかりとつないでゴールを目指すサッカーをしていて、それに本気であこがれました。

──高校では寮生活になりますよね。

一階に食堂のあるアパートに住んでいました。ご飯は食堂ですが、洗濯機もお風呂も自分の部屋についていたので、一人暮らしに近い感じで生活していましたね。

──高校時代の目標は高校サッカー選手権の出場ですか?

そこがやはり一番の目標でしたね。サッカー中心で今思うと考えられないスケジュールでした。

──どんなスケジュールでしたか?

朝5時に起きて、起きた瞬間に学校に向かって、まだ正門が閉まっているので、自分たちで5時半に正門を開けて、まだ真っ暗な中でボールを蹴っていました(笑)。

──自主練習ですか?

自主練ですね。何やっていたんだろうって思いますね(笑)。でも、トータルで考えると、充実した3年間ではなかったんです。2年生までは学年のトップチームで試合に出ていましたが、いわゆるAチームに関わることはありませんでした。3年生でようやく上がれたのですが、プリンスリーグの第2節の藤枝東高校戦で盛大にやらかしてしまって……。その後は一切、試合に出ることはありませんでした(苦笑)。

──盛大にやらかした?

僕はセンターバックだったのですが、自分の裏を取られてそのまま失点したのと、一番後ろでパスを受けて相手FWに奪われて失点。その2失点に絡んだことで前半32分に交代……。

──交代時間をはっきりと覚えているくらいショックだったんですね。

しばらくはボールを蹴るのも嫌でしたし、高校3年生の途中で「受験に専念します」と言って練習に行くことが少なくなりました。でも、特に勉強を頑張ったわけでもなかったんです。

先輩に騙されるように競技フットサルの道へ……

──大学生になってもサッカーを続けた理由は何だったのでしょうか。


■全文はこちら(インサイド・オーシャンズ/有料記事)
【新加入選手インタビュー/磯村直樹】サッカー一家の長男がオーシャンズでトップ昇格するまで。「先輩に騙されるようにして、フットサルを始めました(笑)」


掲載協力:INSIDE OCEANS(インサイド・オーシャンズ)

オーシャンズの“インサイド”からチームや選手、クラブの情報を発信するクラブ公式サイトです。日常的なトレーニングレポートや選手コメント動画、オリジナルコンテンツが充実している。月額550円(税込)。

  • トレーニング動画レポート
  • 試合マッチレポート
  • 選手・監督動画コメント
  • 独占インタビュー など

https://inside-oceans.com

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami