SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

北海道がオンライン記者会見で新体制を発表!金井新監督&水上主将らが登壇。「目標はFリーグ優勝。見ている人の心を揺さぶるようなプレーを目指します」(金井監督)

PHOTO BYSAL

若い選手だけが伸び代があるとは思っていない

【トップチーム】

金井一哉監督

まずは、小野寺隆彦前監督から引き継ぐ大役を任せていただいたクラブに感謝したいと思います。チームに携わってから13年が経ちましたが、多くのものを学ばせてもらったチームで監督ができることを非常にうれしく思っています。そして、クラブが築いてきた歴史を大切に、努力をしてさらなる成長をしていきたいです。

──監督打診はいつだったのでしょうか? また、その時にどう思いましたか?

具体的には覚えていないのですが、小野寺前監督からバトンをもらうことをうれしく思いました。そこから準備を進めるにあたり、歴史のあるクラブを率いる責任を同時に感じるようになり、それを乗り越えて、選手と一緒に仕事をすることに、今は非常にワクワクしています。

──どんなチームを作りたいと考えていますか?

目標としては、Fリーグで優勝すること。そこを最大の目標に掲げていきます。チームとしては、どこよりも走り、最後まで諦めないこと。見ている人の心を揺さぶるようなプレーを目指していきます。

──小野寺前監督が築いてきた昨シーズンまでのチームを意識していますか?

ここまで築いてきた小野寺監督のやり方は、僕もそのすべてを学んできました。チームには歴史があり、そういう背景の中で進んでいくものです。引き継ぎながら、そこからさらにどう進めるかを考えていきたいです。

──新加入の堺選手にはどのような期待をしていますか?

技術が高いので、中盤のプレーが多くなると思います。ボールの運び役やフィニッシュには特に注目して、期待していきたいです。まずは早くフットサルに慣れてもらい、学びながら活躍してほしいですね。

──注目選手や注目ポイントは?

注目選手を一人だけ挙げるのは難しいですし、全員に注目してほしいと思います。全体として注目してもらいたいのは、ピッチの上で戦う選手の躍動感やプライド。戦術を超える部分を大事にして戦っていきたいので、そこをぜひ見てもらいたいです。

──昨シーズンは外からチームを見ていましたが、今シーズンから具体的に変えることは?

外から見ていた北海道の印象は、すごくファミリー感があって、仲間が強いチームだなということです。ピッチ上では技術もあるし、攻守の切り替えもストロングポイントだという印象でした。攻守の切り替えを防いで守るのか、水上選手をどのように抑えるのかといったことをスカウティングしていました。

前監督からの改革としては、チームが持っている一体感を継続しながら、選手がピッチでより迷わずにプレーできるような準備を加えていきたいというところです。戦術では、攻撃の際の自分たちのスタイル、守備のスタイル。自分たちが何をすべきかを改めて整理して、選手と一緒に頑張りたいです。

──昨シーズンはFリーグ選抜を率いていましたが、若い選手を指揮した経験と、トップリーグで初めて監督を務めた経験を、このチームでどのように生かしていきたいですか?

若いチームを率いてみて、非常にポテンシャルがあり、伸び代があると感じてきました。プレー時間や試合の経験を積むことで、選手としての立ち振る舞いを含めて、非常に成長することが分かりました。

トップリーグでの監督を経験して、コーチよりも責任の重さが本当に違うことを感じました。自分が覚悟を決めて、一つひとつの采配を決めていく。そこが一番の経験でした。それをチームに持ち込んで、自分の覚悟を選手にも伝えていきたいです。それと、若い選手だけが伸び代があるとは思っていません。水上選手や鈴木(裕太郎)選手や、20代後半など様々な年齢の選手がいますが、選手が求めていれば必ず成長できる。これまでの成長曲線や昨年の経験をどの選手にも当てはめて、サポートをして、選手が生き生きとプレーできるようにしていきたいと考えています。

水上玄太

昨シーズンもそうですが、近年は満足のいくシーズンを過ごせていません。今シーズンも新型コロナウイルスの影響もありスタートを切れていないですが、チームの力を合わせて、金井監督の下でタイトルを奪取できるように、僕自身も先頭に立って引っ張っていきたいです。応援よろしくお願いします。

──ゴールゲッターとして、仲間やファン・サポーターからも大きな期待を集めています。今シーズンのスケジュール(やレギュレーション)は不透明ですが、個人としての目標はいかがでしょうか?

まだ試合がどのようになるかは分からないですが、1試合1ゴールを目標に、背番号以上のゴールを決めて、チームを勝利に導いていきたいです。

──(背番号17にちなんで)1試合平均1.7ゴールくらい?

それはいいですね。得点王には……いや2、3点は必要ですね。自分の最高得点を取れるようにしたいです。

──監督が交代しましたが、金井監督の印象や要望などはありますか?

金井監督は先述の知識がすごく豊富で、僕らに足りないところを持っている監督です。昔はもっと熱いというか、怖い選手だったのですが(笑)、今はいろいろな面で丸くなって、僕らとも接してくれているので、そこに甘えることなく、一緒に頑張っていきたいです。

──ベテランとしてチームにどのように関わっていく?

僕や10番の鈴木を筆頭に、何でも言えるような環境を整えたいですね。若いから何も言えないのではなく、若いからこそ何でも相談できるようないいチーム、ファミリーを目指していきます。

──(今日5月24日の)誕生日おめでとうございます。37歳の決意をお願いします。

この年齢は、アスリートとしてはあまりありがたいものではないのですが、逆にこの年齢でもプレーできていることに喜びを感じています。みなさんの熱い声援があってプレーできているので、新シーズンに向けてまた準備をして、チームに貢献できるように頑張っていきます。

【次ページ】今までよりも攻撃的で、スリリングなゲームをしていく

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami