SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.08.24

【日本代表】25日からFリーグ開幕直前の合宿を開催!複数の中核メンバーが外れ、“不測の事態”を見据えた“ラージグループづくり”の招集か?

PHOTO BY軍記ひろし

日本サッカー協会(JFA)は24日、25日から28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行われるフットサル日本代表候補トレーニングキャンプメンバーを発表した。

ベテランの滝田学は東アジア選手権以来の選出!

今回発表されたメンバーからキャプテンの吉川智貴や関口優志ら常連組の選手が何名か外れ、長らく代表に招集されていなかったメンバーが名を連ねた。

ゴレイロには昨年7月に左膝前十字靱帯断裂のため、全治8カ月の大ケガを負っていたバサジィ大分の矢澤大夢、湘南ベルマーレの上原拓也、エスポラーダ北海道の坂桂輔が選出された。

フィールドプレイヤーはスペインへの移籍もあり、東アジア選手権から代表活動に参加していなかったベテランの滝田学も招集された。そのほかに活動再会後の直近の活動に呼ばれていなかった星龍太や内村俊太、堀米将太もメンバー入りした。また、今シーズンからはじめてF1を戦うボルクバレット北九州の米村尚也も選出されている。

ブルーノ・ガルシア監督は先日のWEB取材で、8月上旬から中旬の2回予定していた長期間の活動のプランを問われると「愛知で行う予定だった2回のキャンプは前半と後半に分けて考えていました。前半が今回に相当するところで、プレーモデルの獲得やチームアイデンティティ、個人とグループのコンディションを考えたもの」と答え、「後半で予定していたものはメンバーの変更もあるので、7月の継続よりも大枠のチームビルディングが狙い。中核選手とサポートする選手、ラージグループの選手で行う2週間という位置づけでした」と明かしていた。

今回のトレーニングキャンプは8月上旬に行えなかった合宿の「後半」の部分に値するはずだ。ブルーノ監督は不測の事態に備え、選手層を厚くするためポジションごとに複数の選手を何年も競い合わせてきた。Fリーグ開幕前、最後になる今回の合宿は不測の事態を見据えた“ラージグループづくり”が兼ねられていると考えられる。

今回招集されている代表候補メンバーは以下のとおり

【フットサル日本代表 メンバー】

監督:ブルーノ・ガルシア(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:木暮賢一郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:鈴木隆二(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:内山慶太郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:下地達朗(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)

GK
矢澤大夢(バサジィ大分)
上原拓也(湘南ベルマーレ)
坂桂輔(エスポラーダ北海道)

FP
滝田学(バルドラール浦安)
星龍太(名古屋オーシャンズ)
皆本晃(立川・府中アスレティックFC)
内村俊太(湘南ベルマーレ)
森村孝志(フウガドールすみだ)
室田祐希(ペスカドーラ町田)
小門勇太(バサジィ大分)
加藤未渚実(シュライカー大阪)
堀内迪弥(シュライカー大阪)
堀米将太(エスポラーダ北海道)
米村尚也(ボルクバレット北九州)
平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズ)
内田隼太(立川・府中アスレティックFC)
伊藤圭汰(ペスカドーラ町田)
石田健太郎(バルドラール浦安)
中田秀人(フウガドールすみだ)

スケジュール
8月25日(火)PM トレーニング
8月26日(水)AM/PM トレーニング
8月27日(木)AM/PM トレーニング
8月28日(金)AM/PM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami