SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.10.27

【日本代表/WEB取材】W杯出場へ1年の猶予期間に芝野創太が必要としていること「今後も残っていくために、自分にはゴールしかない」

PHOTO BY

10月26日から28日まで、3日間に渡って高円宮記念JFA夢フィールドで行われる日本代表のトレーニングキャンプに芝野創太がメンバーに選ばれた。

久しぶりの招集となった芝野が代表に定着し、2021年のAFCフットサル選手権、W杯に出場するために必要なことは目に見える結果だ。

「ゴールで結果を残す」

そう何度も答えた芝野が日本代表に対し抱く想いとは。

トレーニングキャンプ2日目の午前練習後、オンラインで芝野のWEB取材が行われた。

フットサルを始めた以上はこの日本代表が目標

──Fリーグでは、相変わらずコンディションが良い印象です。自分ではどんな感覚でしょうか。

開幕から2試合は得点もできて、チームも勝利して、結果で貢献できましたが、それから3試合は全く得点を取れず、チームも負けていたので、自分では悪くなかったですが、貢献できていないので満足していませんでした。

──そうしたなかでも、代表にこうして戻ってこれている。

いい状態を評価してもらえているので、そこはポジティブに捉えて、いいところを出せるようにしたいです。

──メンバーがかなり固定化されているなかで、割って入るには何が必要でしょうか?

ピヴォのライバルや軸の選手はわかっているので、その選手たちにはできないプレーや、自分の特徴でもあるゴールに直結するプレー、身体能力を生かしたプレーをして、ゴールという結果で残していかないと厳しくなります。結果にこだわりたいです。

──明日のY.S.C.C.横浜戦も結果が求められる。意気込みはどうですか?

どれくらい出場できるか分からないですが、今後も残っていくために、自分にはゴールしかない。短い時間でも結果を出せるように頑張っていくだけです。

──離れていた期間もあり、ブルーノ・ジャパンの習熟度を感じる?

もちろん質は変わっていますが、大きな戦術やセットプレーの変化はないので、離れていたことで遅れをとっている感覚はありません。

──日本代表への想いをどのようにもち続けてきた?

年齢もありますし、フットサルを始めた以上はこの日本代表が目標であり、特別なものなので。

──この期間は本来であればすでにW杯も終わり、新たな世代へと続きますが、そこがつながった。

いろんな予定変更があり、どこにコンディションをもっていけばいいかは分からないですが、自分はそんなことを言っている余裕もないし、立場でもない。なので、与えられた環境で100%を出してやっていくしかない。そうやって、シンプルに考えています。

──明日は、結果しかない。

ゴールで結果を残す。それだけです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami