SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.10.28

【日本代表】Y.S.C.C.横浜とのトレーニングマッチは2-3で敗戦。浦安に続いてクラブチームに連敗……

PHOTO BY軍記ひろし

日本代表は28日、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでY.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを行い、2-3で敗戦。バルドラール浦安戦に続いてクラブチームに連敗を喫した。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

パワープレーで得点を狙うが追いつけず

10月26日から28日まで、3日間に渡って高円宮記念JFA夢フィールドで行われている日本代表のトレーニングキャンプ。最終日に横浜とトレーニングマッチを行なった。

スターティングメンバーはGK関口優志、FPは加藤未渚実、吉川智貴、平田ネトアントニオマサノリ、内田隼太の5人。

第1ピリオド2分、左サイドの吉川からボールを受けた中央の平田のゴールで日本代表が先制する。守備では横浜の攻撃にしっかりと対応し、11分に星翔太のゴールで2点差をつける。

その後なかなかゴールが割れないでいると、19分に横浜にカウンターから1点を返されてしまう。終了間際に得たコーナーキックで平田がネットを揺らすがゴールを割る前にブザーが鳴り、ゴールはカウントされず2-1で第2ピリオドへ。

第2ピリオドは関口に代わり、矢澤大夢がゴールマウスを守った。点差をさらに離したい日本代表だったが、第2ピリオド27分に失点。2-2の同点とされてしまう。攻め込みながらもゴールが割れない日本代表は36分にオウンゴールで3失点目。逆転を許してしまう。

失点直後、タイムアウトを取りパワープレーを開始する。試合途中、吉川智貴が負傷したことで試合は一時中断。再開後もゴールは決まらず、スコアは2-3のまま終了。

クラブチームに連敗し、2021年のAFCフットサル選手権へ向けて不安の残る結果でトレーニングマッチを終えた。

【フットサル日本代表 メンバー】

監督:ブルーノ・ガルシア(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:木暮賢一郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:鈴木隆二(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:内山慶太郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:下地達朗(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)

GK
関口優志(名古屋オーシャンズ)
矢澤大夢(バサジィ大分)

FP
星翔太(名古屋オーシャンズ)
西谷良介(名古屋オーシャンズ)
皆本晃(立川・府中アスレティックFC)
星龍太(名古屋オーシャンズ) ※ケガのため離脱(10月28日発表)
仁部屋和弘(バサジィ大分)
安藤良平(名古屋オーシャンズ)
芝野創太(バサジィ大分)
吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
田口元気(フウガドールすみだ)
内村俊太(湘南ベルマーレ)
森村孝志(フウガドールすみだ)
室田祐希(ペスカドーラ町田) ※ケガにより不参加(10月26日発表)
加藤未渚実(シュライカー大阪)
平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズ)

10月26日追加招集
内田隼太(立川・府中アスレティックFC)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami