SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2021.02.02

【監督退任】フウガドールすみだの指揮を15年以上執り続けてきた須賀雄大監督が今季限りで退任。「右も左も分からない私を信頼してくれたあの時のメンバーがいたからこそ…」

PHOTO BY高橋学

フウガドールすみだは2日、須賀雄大監督が今シーズン限りで退任すると発表した。

後任の監督は決定次第発表

暁星高校サッカー部出身の須賀監督は、稲葉洸太郎氏や北原亘氏ら高校のOBらと結成したすみだの前身チーム・BOTSWANA FC MEGUROで2002年から2004年まで選手としてプレー。当時23歳だった2005年から2021年現在まで監督として15年以上もの長きに渡り指揮を取り続けた。

「監督の交代がベストな選択であれば、常にそうしたいと考えている」【Fの主役は俺だ!全チームインタビュー|須賀雄大監督|フウガドールすみだ】

コーチすら未経験だった須賀監督だが、2009年には全日本選手権でバルドラール浦安や名古屋オーシャンズに勝利し、当時地域リーグのチームだったにも関わらず“ジャイアントキリング”を起こし、日本一にも輝いた。

そのほかにも6度の関東リーグ優勝や2010年から2014年の地域チャンピオンズリーグ5連覇を経て2014/2015シーズンにFリーグ参入を果たした。

参入後は4度のプレーオフ進出を決め、昨シーズンはクラブ史上最高の3位に付けた。

プレスリリースで「右も左も分からない私を信頼してくれたあの時のメンバーがいたからこそ、今自分は監督が出来ている」と当時を振り返り「今でも鮮やかに蘇る個性豊かな面々の濃密なエピソード、すべてのフウガドールすみだの選手たちやスタッフに感謝し、同じ時を共有できたことをこれからもずっと誇りに生きていきます」と語った。

退任後については「今後はフウガで培ったことを生かし、指導者として更に成長し自分らしく様々なことにチャレンジしていきます!」とコメント。今までの経験を糧に新しい挑戦をしていく決意を示した。

また、後任の監督については決定次第クラブから発表がある。

須賀雄大監督のプロフィールは以下のとおり

【氏名】
須賀 雄大(すが たけひろ)

【生年月日】
1982年6月30日

【出身地】
東京都

【選手歴】
2002〜2004年 BOTSWANA FC MEGURO

【指導歴】
クラブ
BOTSWANA FC MEGURO 2005~2006年
FUGA MEGURO 2007~2008年
FUGA TOKYO 2009~2011年
フウガすみだ 2012~2013年
フウガドールすみだ 2014~現在

選抜
フットサル東京都選抜 2008~2011年

【主な成績】
全日本フットサル選手権大会 優勝 (2009年)
全日本フットサル選手権大会 準優勝 (2013年、2017年)
地域チャンピオンズリーグ 優勝5回 (2010~2014年)
関東フットサルリーグ1部 優勝6回 (2007~2009年、2011~2013年)
全国選抜フットサル大会 優勝(2009年)
Fリーグ 3位(2015-16シーズン、2019-20シーズン)

【コーチライセンス】
日本サッカー協会公認フットサルA級コーチライセンス

須賀監督の退任コメントはこちら
須賀雄大監督退任のお知らせ(フウガドールすみだ)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami