SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.05.10

【U-20日本代表/WEB取材】全日本王者・しながわに勝利も「まだまだ課題がある」。倉科亮佑がA代表に選出されるために必要なことは。

PHOTO BY

5月8日から10日にまで、茨城県でトレーニングキャンプを行ったU-20日本代表。5月2日以来、6日ぶりと短いスパンを経て再び行われた今回の活動の最終日に、オーシャンカップ1回戦で対戦するはずだったしながわシティとトレーニングマッチが行われた。20分を3本行う形式のゲームは合計スコア4-2で全日本フットサル選手権王者に勝利。10日、3日間の合宿を終え、ペスカドーラ町田の倉科亮佑がオンライン取材に応じた。U-20代表チームの中でもFリーグでの経験が豊富な倉科が今回とそして前回の活動を総括した。

──────────────────
【関連記事】

【U-20日本代表/WEB取材】「自分のような選手がミスを怖がってプレーしていたら出ている意味が本当にない」。渡邉知晃、上福元俊哉が引退し金澤空の中で強くなる覚悟。

【U-20日本代表/WEB取材】「日本全体のフットサルレベルを底上げしていくために……」オーシャンカップが延期。木暮監督は今回の活動にどんな意味を持って臨むのか。

【U-20日本代表】“6日ぶり”のトレーニングキャンプを実施。最終日に全日本王者・しながわとトレーニングマッチを行う!

【U-20日本代表/WEB取材】中村憲剛の訓示を胸に戦う16歳の飛び級戦士・柴山圭吾。「アジアはあくまで通過点。今年の次のW杯には絶対に出たい」

【U-20日本代表/WEB取材】GK中澤航のライバルはあこがれの先輩・上原拓也。「それだけでは試合に出られない。『自分が出る』というスタンスが大事」

【U-20日本代表/WEB取材】木暮ジャパンvs小宮山バルドラール、2日に元主将対決が実現へ。「選手には野心を持ってプレーをしてもらう」

【U-20日本代表】福島・茨城で今年初のトレーニングキャンプ!新人王・毛利元亮らが選出される。

──────────────────

全員がライバルだと思っている

──4月30日から5月2日に行われた前回の活動と5月8日から10日にかけて行われた今回の2回のトレーニングキャンプを総括してください。

前回の合宿では最終日にバルドラール浦安さんとトレーニングマッチをさせてもらいましたがそのときは自分たちでゲームコントロールができなかったことが課題として出ました。このU-20の活動がスタートしたときの立川・府中アスレティックFCさんとの試合でも、同点に追い付かれてからどんどん失点を重ねてしまいゲームコントロールで課題があるとチームとしても把握していました。ですがこの間の浦安戦では同じような形でゲーム運びがうまくできなかった。その中で今回しながわシティさんとの試合のときは前回、前々回のときのように点は動きませんでしたがゲームコントロールという部分では改善できたなと感じています。

──しながわはオーシャンカップで本来戦う相手で気合が入っていたのでは?

前回の合宿の際にしながわとトレーニングマッチを組むと聞いていました。しながわはオーシャンカップで戦う相手だったので「大会は延期になってしまったけどオーシャンカップの1回戦だと思って勝ちにいこう」と監督からも試合前から話があった。みんなそこでオーシャンカップの1回戦と想定した中でゲームを戦えたのかなと思います。

──第2ピリオドを終えて2-2。第3ピリオドでは2点を決めて4-2で勝利しました。

前々回の立川・府中戦と前回の浦安戦もそうでしたがプレーイングタイム20分3本の試合はフットサルの試合では公式ではない。3本目のクオリティがどうしても前回も前々回でも落ちてしまっていたので3本目のクオリティをいかに保ち続けられるか、そこから上げていけるかというのがチームとしても課題でした。今回の合宿が始まる前に監督からも「3本目のチームのクオリティを下げずに」という話があったので、今日は3本しっかりとゲームコントロールできたと思います。

──次の招集に向けてどんなことを取り組んでいきたいですか?

今回の合宿と前回の合宿で2得点したからと言って100点だったかというとまったくそうではない。結果的に2得点できたことは良かったですけど、まだまだ課題がある。課題を一つでも克服してアピールできたらなと思います。

──ペスカドーラ町田の選手はアスピランチの選手も含め多く招集されていますが刺激になっていますか?

町田から多く選ばれていることはもちろんうれしいことですが他のチームからも多く選出されているので選ばれている全員がライバルだと思っています。そこに関してはあまり深く考えてないです。

──倉科選手は招集メンバーの中でも経験豊富な方ですが代表チーム内での自分の立ち位置は?

Fリーグの経験を生かしていこうという考えはありますけど、そこで自分が一番出ているからという感じではなく、僕もチャレンジャーとしてのメンタルで取り組んでいます。そこで自分がFリーグで出ているからということはあまり意識せずに、ここに残ってなおかつA代表に1日でも早く選出されるようにという意識で取り組んでいます。

──A代表に入ることがこのU-20代表チームの目標ですがそこへ向かっていくために必要なことは?

自分はゲームコントロールとかミスを減らすことが大事だと思っています。なおかつフィジカルベースも上げないといけないと感じています。体重とかウエイトの重さは対峙するときに必要だと感じています。ヨーロッパとかの試合を観ていてもフィクソの重さ、強さは大事になると思っているのでやはりフィジカルベースを上げることが一番大切だなと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami