SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.17

【移籍情報】内田隼太が海外クラブからオファーを受け渡欧。「夢や成長の為にも今世界へ出るべきだと思い、決断しました」

PHOTO BY高橋学

立川・府中アスレティックFCは17日、内田隼太が海外クラブへの移籍を目指してチームを離脱したと発表した。

アスレが自分をここまで大きく成長させてくれた

クラブの発表によると内田は、海外クラブからのオファーを受けてすでに現地入り。今後の移籍を前提とした交渉・調整を進めているとのことで、今後については決定次第発表がある。

内田はクラブのリリースを通じ「この度、移籍を前提とした交渉・調整のため渡欧することになりました」と挨拶。立川・府中は延期分のFリーグ第20節・Y.S.C.C.横浜戦と全日本フットサル選手権が控えているため「このタイミングで移籍することに苦悩や葛藤もあります。しかし自分のキャリアを考えた時に、夢や成長の為にも今世界へ出るべきだと思い、決断しました」と強い意志を明かした。

今月27日に25歳の誕生日を迎える内田は2017年にFリーグデビューし、2018-2019シーズンには新人賞を受賞。「サテライトを含め、アスレでは6年間お世話になりました。沢山の経験をさせてもらい、フットサルを知らなかった自分をここまで大きく成長させてくれました」と立川・府中での時間を振り返り、「このクラブで培ったものを胸に、感謝の気持ちを忘れず、謙虚に頑張ってきます」と意気込みを残した。

内田はどこのリーグでプレーし活躍するのか。今後の注目が集まる。

クラブからのリリースは以下のとおり

この度、内田隼太選手が海外クラブへの移籍を目指してチームを離脱しましたのでお知らせいたします。

現在、内田隼太選手は、海外クラブからのオファーを受けて現地入りし、今後の移籍を前提とした交渉・調整を進めております。チームはリーグ戦をあと1試合残していますが、内田選手はすでにチームを離れております。
今後については決定次第、改めてお知らせいたします。

内田隼太 UCHIDA Shunta
ポジション:FP
生年月日:1997.1.27
身長/体重:175cm / 72kg
出身地:福島県

■内田隼太選手コメント
この度、移籍を前提とした交渉・調整のため渡欧することになりました。
まずは、シーズン途中にもかかわらず、この決断を受け入れてくれたアスレに感謝します。
このタイミングで移籍することに苦悩や葛藤もあります。
しかし自分のキャリアを考えた時に、夢や成長の為にも今世界へ出るべきだと思い、決断しました。
サテライトを含め、アスレでは6年間お世話になりました。
沢山の経験をさせてもらい、フットサルを知らなかった自分をここまで大きく成長させてくれました。
また、苦楽を共にした仲間達と過ごした時間は、私にとって一生の財産です。
そして、どんな時でも応援して下さり、いつも背中を押して頂いたファンサポーターの皆様のおかげでここまで戦うことができました。
このクラブで培ったものを胸に、感謝の気持ちを忘れず、謙虚に頑張ってきます。
改めましてありがとうございました。
行ってきます!

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami