SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.06

【入替戦後会見/しながわ】2季目の岡山孝介監督、“想定外”の失敗。「すべて自分の責任。勝たせてあげられず申し訳ない」

PHOTO BY高橋学

3月4日、5日の2日間、Fリーグ2021-2022 ディビジョン1・2 入替戦が行われ、F1で最下位(12位)のボアルース長野と、F2で優勝したしながわシティが対決。第1戦はしながわが2-1で勝利し、第2戦もしながわが2点をリードしたものの、第2ピリオドにパワープレーから3失点を喫して、2-3で逆転負け。両チームは1勝で勝利数が並び、かつ2戦合計スコア4-4で得失点も並んだため、レギュレーション通り、F1の長野が残留することになった。

しながわにって、F1昇格はまさに“悲願”だった。

昨シーズンは、F2王者として入替戦に臨むはずが、試合直前にF1ライセンス不交付(F2ライセンス交付)となり、ピッチに立つことさえできないまま、望みを断たれてしまった。それから1年、つまりクラブにとっては2年越しとなるF1昇格のチャンスが、ようやく訪れた。

にもかかわらず、絶好の機会をモノにすることができなかった。

昨シーズンから指揮を執る岡山孝介監督は、この現実をどのように受け止めるのか。試合後、記者会見で口を開いた。

入替戦第1戦レポート

入替戦第2戦レポート

「勝たせてあげられず申し訳ない気持ちでいっぱい」

──試合を振り返って。

練習から試合まで、選手たちはすべて出し切ってくれました。こちらのプランも理解して、しっかりこなしてくれたなかで、結果が出なかったことはすべて自分の責任だと思っています。これは月並みな感想に聞こえるかもしれませんが、練習態度もそうだし、仲間を助けようとする気持ちもそうだし、本当に素晴らしい選手たちばかりでしたが、勝たせてあげられず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

──第1戦を2-1で勝利して有利な状況で第2戦を迎えました。試合前にどのような臨み方をしようと選手と話しましたか?

もちろん、リードしていることは念頭に入れながらも、守りに入るのではなく、攻めに入る姿勢を持ってプレーしようと伝えました。細かいところに関しては昨日の試合で実際に起きたことを編集して見せて、伝えていました。

──長野が立ち上がりからマンツーマン気味に守っていたように見えましたが。

昨日よりマーク交換は多かったと思います。ウチのほうが走れるので、たぶん、体力的にキツいためにマークを交換していこうとなったのだと思います。Fリーグの試合でもマーク交換をしている試合はあったので、この試合でもやってくると思っていました。それに対してはうまく回せていたと思います。

──ボラ選手が第1ピリオド10分過ぎあたりから出てきて試合の流れが変わり、2点が生まれました。そこまでの感想はいかがですか?

相手も回されて疲れてきた時間帯だったので、あの時間帯にボラを出せばいけるなという思いがあって、スタッフともそういう話をしていました。そこまでは思い通りにいってました。

──第2ピリオドが始まってすぐに長野はパワープレーを仕掛けてきて3失点。その要因は?

自分がもう少しいい指示を伝えてあげることができていたら良かったと思います。“ただ長い時間”のパワープレーだったので、タイムアウトを使うのも難しかったですし、マイボールにする時間もなかなかできなかったので、難しいところがありましたね。連休が続いていた間、スカウティングできないということも想定内でしたけど、リーグ戦ではやっていないパワープレーの形もあり、そこに対しての指示も出したかったのですが、それも難しかったです……。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami