SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.09

来季、Fリーグにマルバ水戸FCとリガーレヴィア葛飾の2クラブが新規参入!クラブ総数は「21」に!

PHOTO BY高橋学

9日、Fリーグは同日開催されたFリーグ実行委員会において、地域フットサルリーグ所属の2クラブ(マルバ水戸FC、リガーレヴィア葛飾)が2022-2023シーズンよりF2リーグへの参入を承認したと発表した。

葛飾に入団した森岡薫がFリーグ復帰!

マルバ水戸FC(旧:malva 水戸 FC)は今シーズン、関東フットサルリーグ2部を戦い、元日本代表の田口元気や檜山昇吾を輩出したクラブ。水戸がFリーグに参入したことで、北関東にFリーグのクラブが初めて誕生した。ホームアリーナは、茨城県水戸市のアダストリアみとアリーナになる。

そして、同じく新規参入が発表されたリガーレヴィア葛飾(旧:リガーレ東京)は今シーズンは関東フットサルリーグ1部を主戦場としていた。3月3日には“キング・オブ・Fリーグ”森岡薫の入団を発表し、注目が集まる。葛飾は、葛飾区水元総合スポーツセンターをホームアリーナとしてFリーグを戦う。

なお、森岡は今シーズン、立川・府中アスレティックFCでプレーしていたがシーズン途中に退団。一度はFリーグを離れていたが移籍先の葛飾がF2へ参入したことで、再びFリーグの舞台へ戻ってくることになった。

来シーズンは新たに2クラブが加わり、3シーズンぶりにFリーグクラブライセンスを交付されたヴォスクオーレ仙台が復帰するため、全21クラブがF1、F2のカテゴリーに分かれて下記のチーム編成で戦う。

F1(12チーム)
エスポラーダ北海道
バルドラール浦安
フウガドールすみだ
立川アスレティックFC
ペスカドーラ町田
Y.S.C.C.横浜
湘南ベルマーレ
ボアルース長野
名古屋オーシャンズ
シュライカー大阪
ボルクバレット北九州
バサジィ大分

F2(9チーム)
ヴォスクオーレ仙台
マルバ水戸FC
リガーレヴィア葛飾
しながわシティ
ヴィンセドール白山
アグレミーナ浜松
デウソン神戸
広島エフ・ドゥ
ポルセイド浜田

■下線:新規参入チーム

F2リーグはしながわシティがリーグ2連覇を果たしているが、2022-2023シーズンは新たに3チームが加わることでどんな戦力図になるのか。来シーズンはFリーグの歴史に新たな1ページが刻まれそうだ。

新規参入する2クラブの詳細は以下のとおり

【マルバ水戸FC】

■ホームタウン
茨城県水戸市

■ホームアリーナ
アダストリアみとアリーナ
所在地 〒310-0034 茨城県水戸市住吉町99-13
アクセス JR「水戸駅」北口5番乗り場から「大工町三丁目」下車徒歩6分

【リガーレヴィア葛飾】

■ホームタウン
東京都葛飾区

■ホームアリーナ
葛飾区水元総合スポーツセンター
所在地 〒125-0032 東京都葛飾区1-23-1
アクセス 京成バス (金62)金町駅北口~西水元3丁目(一部大場川水門)水元総合スポーツセンター入口下車3分 (土休日の朝の駅発と夕方の駅行きのみ水元総合スポーツセンター内乗り入れ)、東武バスセントラル (有26・27)亀有駅北口~西水元循環(一部葛飾車庫止)水元特別支援学校前下車7分、(有36)亀有駅北口~水元総合スポーツセンター終点下車、(綾37)綾瀬駅~水元総合スポーツセンター終点下車

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami