SAL

MENU

2022.09.29

【アジアカップ|試合後コメント】A代表として、初の国際大会デビューを果たした水谷颯真「シュートを打てる場面でパスを選択してしまった」

PHOTO BYAFC

28日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップのグループリーグ第1節を戦い、サウジアラビア代表に1-2で敗れた。

9月15日、18日に行われたブラジルとの国際親善試合でA代表デビューを果たした水谷颯真は、続けて初の国際大会への出場を叶えた。試合を終え、若き戦士がこの敗戦を振り返る。

ゴールという結果を出したかった

──アジアカップの初戦ということで緊張はありましたか?

Fリーグではサウジアラビアのようにゾーンで守ってくるチームはないので、試合の入り方の難しさはありました。どうしても初戦ということでチーム全体が硬くなってしまったのかなと感じました。

──サウジアラビアは日本をリスペクトして戦っていたと思います。

僕自身は名古屋オーシャンズで、Fリーグでも常に勝たなければいけない状況でやっています。いつも通りではあったので、だからこそゴールという結果を出したかったです。

──ドリブルではがしに行くとか、強引にシュートを打つなど、もっとリスクを冒すプレーが必要だったでしょうか?

パワープレーでもシュートを打てる場面でパスを選択してしまったことがありました。「悔いを残さない」というのを今大会の目標にしていたのですが、今日の試合は悔いを残す結果となってしまって、すごく残念です。

──グループリーグの残り2試合に向けては、どのように臨んでいきたいですか?

初戦に負けてしまったことは変わらないですし、自分たちがやることはシンプルになったので、全力で勝ちに行きたいと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami