SAL

MENU

2023.07.18

【第8節|記者会見/町田vsしながわ】クラブ史上初の7連勝をホームで達成!町田・伊藤圭汰「素直にうれしい。僕たちは負けてはいけないクラブだと思っている」

PHOTO BYペスカドーラ町田、高橋学

7月17日、Fリーグ2023-2024ディビジョン1の第8節、 ペスカドーラ町田vsしながわシティが行われ、第2節の初勝利から6連勝中の町田がクラブ史上初の「7連勝」を達成した。

先制点は9分、左サイドでキープした荒川勇気が中央へ切り込みながら右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール左隅へ突き刺した。第2ピリオドは、相手のGKを使った戦術に苦しみ24分に同点とされたものの、27分、カウンターから山中翔斗がGKとの1対1でループを放ち、一度はポストに弾かれたボールを自ら押し込んだ。さらに37分、相手のパワープレーからボールを奪ったジオヴァンニが無人のゴールへロングシュートを決め3-1で逃げ切る。元町田の指揮官・岡山孝介監督との“古巣対決”を制したホームチームが、メモリアルな勝利を収めた。

試合後、甲斐修侍監督とキャプテンの伊藤圭汰が記者会見に出席した。

Fリーグ2023-2024シーズン日程

成長の要因はどんな局面でも一喜一憂しないこと

●甲斐修侍監督|ペスカドーラ町田

──今日の試合を振り返って。

今日は自分たちの納得のいくゲームではありませんでした。それが暑さによるものなのか、コンディション面なのかはわからないですが、正直、これまでの試合のなかで内容は一番よくない試合でした。選手がやるべき判断レベル、精度でエラーがありました。本来のパフォーマンスを出せない選手が1人や2人ではなかったことで難しいゲームになりました。

ただし、一番大事なのは、うまくいかないゲームでも最後まで負けないこと。忍耐やカバーリング意識など、最後の最後までという意味合いでは、すごく意味のあるゲームをできました。ただ、本来考えている内容には程遠かった。練習からしっかりと突き詰めて、相手がどんなゲームをしてきてもいち早く対応できるような、そういった機転の効くチームをつくっていきたいです。

──クオリティには問題があったとのことですが、そのなかでもクラブ史上初の7連勝を達成しました。1400人以上の観客の前で勝ち切った今のお気持ちはどうでしょうか?

お客さんが毎回、1000人以上も足を運んでくれることを、選手もスタッフもきちんと受け止めています。選手一人ひとりの意識がゲームに向けられています。戦う気持ちはより表現できていると思う。足を運んでくださったみなさんへの感謝の気持ちしかありません。

勝ち切ることができたのは、本当にあれだけ長い時間GKを使われ、正直、通常のゲームの流れではないなかでも、問題を起こしながらも、ギリギリで対応できたり粘り強さを経験できたりするのは、この長いリーグ戦において非常に大きな機会でした。あらゆる局面に対応できるような選手個人、チームを目指していきたいです。

──互いを知り尽くしている岡山孝介監督とのF1での初対戦でした。苦戦する場面も多かったと思いますが、どのような思いがあったか、また、戦術面でのやりづらさなどは?

岡ちゃんは、一緒に長く仕事をしてきましたし、綿密なチームづくり、選手へ落とし込む内容はよく理解しています。一緒に体感してきましたし、練習試合などでは戦っていたので。岡ちゃんがつくり出すチームのスタイルは、我々もしっかり理解して戦うゲームだと思っていました。

通常のクワトロ(4-0システム)や3-1の形は、ゲーム自体はうまくいかないこともありましたけど、それらに対応することに対して、そこまでエラーはありませんでした。スカウティングをしていましたから、特に難しさを感じることはありませんでした。

ただし後半、相手がGKを活用してきたところのエラーが続いて失点した時は、そこへの明確な対応に時間がかかったという点で難しさはありました。

──悪いなりにというところでも勝てるようになった。そのあたりはどこに成長を感じますか?

いいプレーをしても、いい局面を生み出しても、それが悪いものであっても、一喜一憂しなくなりました。うまくいって緩むとか、うまくいかないから立ち止まることはない。ゲームは常に生きているものです。その状況での危機管理や考え方は練習からずっと伝えてきています。本来はこうあるべきという局面でいい判断ができなくても、そこで選手は立ち止まることなく、切り替える速度や撤退するスピード、修正は、誰かができるではなく、出ている選手全員がその意識を持てるようになったところが要因かなと思います。

多くのお客さんがいい影響を与えてくれている

●伊藤圭汰|ペスカドーラ町田

──今日の試合を振り返って。

難しい試合になりました。我慢強く勝つことができてよかったです。全体的な強度をもっと上げていかないと、次の湘南や名古屋の試合はもっと難しくなってしまいます。もう少しクオリティを上げていかないといけないと感じた試合でした。

──クオリティには問題があったとのことですが、そのなかでもクラブ史上初の7連勝を達成しました。1400人以上の観客の前で勝ち切った今のお気持ちはどうでしょうか?

素直に、クラブの記録を塗り替えられたことはうれしいです。多くのお客さんが来てくれることも、もちろんうれしいです。そうした、当たり前ではないことが続いていて、僕らにすごくいい影響を与えてくれていることに感謝しかありません。僕たちはホームで負けてはいけないクラブだと思っているので、これからも勝ち続けられるように頑張っていきます。

▼ 関連リンク ▼

  • Fリーグ2023-2024 試合&放送日程

▼ 関連記事 ▼