SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.07

【F1第12節/名古屋×浦安】6-2で浦安に快勝したように思えたが……。「難しい試合だった」(名古屋 星龍太)

PHOTO BY軍記ひろし

大阪共同開催の第1試合目、名古屋オーシャンズ対バルドラール浦安が9月7日(金)、丸善インテックアリーナで行われた。

試合は名古屋が開始7分に八木聖人のゴールで先制すると15分の間に安藤良平とヴァルチーニョが立て続けに2得点を奪い前半戦を3-0で折り返す。

後半はPKを含む2失点を与えてしまうが主導権を握っていた名古屋が後半も3点を奪い試合は6-2で快勝。第2巡目の初戦を幸先良い結果で終えた。

強度の高い内容の良いゲームを提供してくれた

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

まず選手を讃えたいです。アウェイで移動もあり、その中でもしっかり強度の高い内容の良いゲームを提供してくれました。
40分間非常に集中力も高く、もちろん課題もあり完璧なゲームとは言えませんでしたが、その中で多くのチャンスも作れてゲームプランニングも選手がしっかりゲームの中で選手が表現して、セットプレーもゴールチャンスを多く作れ戦略的にもアドバンテージになるようなゲーム運びは選手がピッチでしっかりと表現してくれて全体的な戦術的なところも気持ちの面のアグレッシブさも見れた試合で監督としては非常に満足した試合でした。
目の前には浦安というチームが非常にアグレッシブに来ていてもしっかりと対応してくれました。明日もタフなゲームになるのでしっかり回復に当てて備えていきたいです。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

重たい試合だったのかなと。なかなか点数も動かずに、僕たちのプレス回避もうまくいくときもあれば、前回ホームで試合した時よりはあまりハマってなくて難しい流れが続いてしまったことが難しい試合にしてしまった原因なのかなと。2点、3点とカウンターと(セットプレーによる)リスタートで得点を取れて3点差にしたところが勝負の分かれ目というか、そこで試合が決まったのかなと思いました。今季は連続で1分の中で2点を取り、相手のメンタルを砕くような点の取り方ができているので、それを継続していきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami