SAL

MENU

2023.09.01

【インタビュー】“室田劇場”になったきたえーる。31歳のファンタジスタ・室田祐希が「フルタイムで働きながら」Fリーグのピッチに立ち続ける理由

PHOTO BYエスポラーダ北海道

“フットサルがうますぎる男”室田祐希

地元のエスポラーダ北海道に復帰した今も、背番号7は変幻自在のドリブルと予測不能なパスで、観客を魅了し続けている。

古巣・ペスカドーラ町田を相手にハットトリックの大爆発で、3500人以上で埋まったアリーナを沸かせた。

31歳になった室田は、今、どんな気持ちでピッチに立っているのか。

取材・文/北健一郎

我慢できたのが大きかった

──大爆発じゃないですか。

きたえーるで、2回連続ハットトリックです。

──室田劇場。

はい(笑)。ヒーローインタビューもきたえーるで2回連続、俺と(関口)優志なんですよ。

──2人が主役になって、町田に勝って。町田の今の順位や勢いを考えると、北海道がこの結果になるっていうのは……。

誰も予想しなかったでしょうね。でも俺は、なんか勝てる気がしていました。僕らは最下位でしたけど、明日佳グループチャリティマッチですし、勝たなきゃいけない試合だったから。

──とはいえ、ホームの雰囲気があるから、冠試合だから、勝てるものでもない。実際、何が勝利につながったんでしょう。

前半にしっかりと我慢できたこと。負ける試合って最初に点を入れられてるんですよね、早い時間帯に。だからやっぱりノーリスクで、シュートで終ろうっていう話はしてましたけど、我慢できたゲームだったのかなと思います。

──今日は最後の最後で失点しましたけど、ずっと0で抑えていました。

開幕前のオーシャンカップの時は切り替えを大事にしてたんですね。そこから、チームとして新しいことに取り組んで、うまくいかないことが多かった。原点回帰じゃないですけど、改めて切り替えを大事にした方がいいんじゃないかというのを、キャプテンと副キャプテンと監督で話したんですよ。

──キャプテンは鈴木裕太郎選手、副キャプテンは……?

僕と優志です。あと(水上)玄太くんとも練習中から話していたので。どこまで今日の勝利につながったかはわからないですが、コミュニケーションをとったのがよかったのかなとは思います。

マンツーマンで来るのはわかっていた

──町田は室田選手をかなり警戒していたように見えましたが。

前から来るのはわかってたし、前回の試合を見て、(髙橋)裕大が俺にマークつけてくる予想はしていたので、そこは2人組の関係でいなしていこうと。後半のキックオフ後のウン・ドイスとかは狙い通りです。本当は1対1でかわしたいっていうのはあるんですけど、けっこう勢いよく来るんで。逃げてるわけじゃないですけど、そこは2人で回避しようと(本郷)輝(木村)優太とも話してたので。

──町田が人に対して強く来るのを、逆手に取ったということですね。

はい。中に運んだ時も、相手はダブルチームできましたけど、喰われる(ボールを奪われる)シーンはあんまりなかったんじゃないかなと思います。

──改めて、今日3500人のお客さんの前でプレーするのはどうでしたか。

超気持ちよかったです。今年は全然結果も出てないから、見に来る人が少なかったので、これを勝ったのは集客的にも順位的にも大きいと思います。

──F2降格への危機感というのはありますか。

もちろん。ここまで先輩たちが積み重ねてきたクラブをF2に落とすっていうのは、絶対やっちゃいけないことだから。もう何としても、やるしかない。まだ試合は全然ありますから。

──ただ、他のチームは、ブラジル人を連れてくるような補強をするじゃないですか。エスポラーダは「北海道出身選手のみ」という縛りがあるから、戦力面でのハンデはあるのかなと。

それがエスポラーダのカラーですし、アイデンティティだと思っています。ただ、北海道出身の選手を育てるための仕組みは必要なのかなと。町田ってそこがうまいじゃないですか。生え抜きの選手を下から上げて、誰かが抜けても、新しい選手がどんどん出てくる。そういうふうになっていけば、北海道出身選手だけでも全然戦えると思っています。

汗だくになって働いてます

──地元に戻ってきて、フットサル選手としてはどうですか? 名古屋や町田とかとは、ピッチ内外で環境も変わってると思いますけど。

今、8時半から17時まで働いてます。

──そうなんですか! 具体的に仕事の内容は?

障がい者の方の家の清掃が主な業務です。坂(桂輔)がもともと働いていて、去年からお世話になっています。(鈴木)裕太郎くん、ジエイ(福田亮)(山下)颯大も働いています。

──チームの練習時間は?

19時からです。練習までの2時間で、ご飯を食べる時もありますけど、基本は仮眠します。

──かなり疲れるんじゃないですか?

この時期はとくに暑いのでしんどいですね。引越しの退去後の清掃に入ったりするときもあって、エアコンのない部屋で汗だくになりながら清掃をしてます。

──北海道に戻る時点で、自分のなかで気持ちを切り替えていたんですか。

北海道に帰ってきた1年目はワールドカップがあったので、お金はきついけど、フットサルだけをやろうと。W杯が終わってから今のところで働かせてもらっています。

みんなを楽しませたい

──室田選手は何歳になったんでしたっけ?

31です。

──若いでしょ、31は。

いやあ、しんどい、しんどいです。だって、明日も仕事っすよ。

──今日はプレータイム、かなり長かったんじゃないですか?

はい、勝ったからよかったですけど(笑)。

──31歳になった室田祐希がFリーグのピッチに立つモチベーションは?

みんなを楽しませることです。アベマとかFリーグTVも含めて、フットサルを見にきてくれた人を自分のプレーで沸かせられたらいいなって。

──ファルカンやリカルジーニョのように。

はい。

──今日も、室田選手はたくさんの人を楽しませてくれたと思います。

そうですか? まだまだっす。もっともっと見ていて楽しい選手になりたいです。

▼ 関連リンク ▼

  • Fリーグ2023-2024 試合&放送日程

▼ 関連記事 ▼