SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.03.09

【全日本選手権準々決勝/仙台×町田】神セーブ連発で初のベスト4へ導いた守護神。「止めたらヒーローだなと思っていた」(仙台 税田拓基)

PHOTO BY軍記ひろし

3月8日、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会準々決勝が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、ヴォスクオーレ仙台はペスカドーラ町田に2-2で引き分け、延長、PK戦の末に勝利した。

仙台にとって前半は“負け試合”だった。わずか8分で5ファウルをためてしまうと、11分に第2PKを与えて先制を許してしまう。さらに13分にも失点して、いいシーンを作れないまま試合を折り返した。

しかし後半開始早々21分、CKで荒牧太郎が放ったボレーが弾かれたところにアランギタヒが詰めて1点を返すと、4分に相手が退場して数的優位ななかで同点を狙う。この2分間のチャンスは生かせなかったものの、29分に左サイドの荒牧からのパスを関尚登が決めて試合を振り出しに戻すことに成功した。

試合はそのまま延長に突入し、仙台は守備で耐える時間が続いたが集中したプレーでしのいで決着はPKへ。3本ずつのこのPKで大活躍したのが守護神・税田拓基だった。先行の仙台は、1人目の荒牧がいきなり止められてしまう窮地を迎えたが、直後に税田がダニエル・サカイのシュートをシャットアウト。仙台は2人目のマルロンが決めると、税田が横江怜のシュートもブロック。しかし、決めれば勝利というなかで登場した3人目の堀内迪弥のシュートが止められ、3本ずつを終えてPKスコア1-1でサドンデスへと突入した。

4人目、5人目がそれぞれ成功して迎えた6人目、内野脩麻のシュートが枠を外れてしまうと、仙台にとっては決められたら敗戦の大ピンチ。相手のキッカーは森岡薫。しかし、税田は「(右利きの)ピヴォは(ゴレイロから見て)右にひねってくることが多い」と決め打ちで動いてドンピシャでシュートストップ。

続く7人目の藤山翔太が決めると、後攻の宮崎貴史のシュートが左ポストに嫌われ試合終了。仙台は、7人目までもつれ込んだPK戦を4-3で制して、クラブとして初のベスト4進出をつかみ取った。

フットサルの公式戦でPKは初めてだった

税田拓基(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

前半は全く僕らのいいところがなく、シュートも打てていないなかで0-2。言ってしまえば負け試合という雰囲気でしたが、1点を取れば流れが変わるから、我慢してやっていこうと話していました。後半の立ち上がりで1点を取れたことで、上を向いてポジティブに試合を運べて、追いつけて、我慢して延長に持ち込めました。PKは運もあると思っています。しっかりとここで勝てたので、いけるところまでいきたいです。

──何本もビッグセーブを見せましたが、PKはどんなことを考えていた?

今シーズンの終わりくらいからチームでも練習していましたし、自分でも手応えがあって自信を持っていたのですが、正直、フットサルの公式戦でのPKは初めてでした。ただそれで思い切って逆に開き直れたことがうまくいって、運よくこちらに転がってくれたのかなと思います。キッカーも練習していましたし、僕も今週、先週は毎日、第2PKとPKをやっていて、想定していました。町田とは(リーグ戦の第16節で)2-2で引き分けていたので可能性はあると思っていて、バタバタすることはありませんでした。

──(サドンデスの6本目で)内野脩麻選手が外して、相手は森岡薫選手が出てきました。

止めたらヒーローだなと。最初に2本止めていたので、僕がここで止められなくてももう仕方がないだろくらいの気持ちでやれました(笑)。なのでそこへの気負いはなくて、脩麻にも大丈夫と声を掛けました。あとは僕がやるだけで、うまく体に当たってくれてよかったです。

──クラブとして初のベスト4進出です。

僕らにプレッシャーはないので、ここからどこまでいけるか楽しみです。ダークホースという意味もあると思うので、楽しくやりたい。もちろん勝ちに向かって、明日の準決勝まで時間もないので、チームでしっかりとケアをして準備をするだけです。カップ戦は勢いも大事ですし、このままの勢いでいい試合をして勝てればいいなと。今はいい流れがきていると思うので、あとは自信を持ってやりたいと思います。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami