SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.05.18

湘南が立川・府中を下し初の決勝へ!「J・湘南の逆転勝利を見せられて燃えないわけがない」(湘南 奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

5月18日、Fリーグ選抜リーグオーシャンカップ2019の準決勝・立川・府中アスレティックFC対湘南ベルマーレが武田テバオーシャナリーナで行われ湘南が2-0で立川・府中に勝利した。

3回戦の退場でマルロンを欠いて臨んだ試合だったが、先制したのは湘南だった。開始8分にカウンターから最後はロドリゴが決めてゴールを決める。その後も積極的に攻め続けるが刈込真人のシュートがポストに嫌われるなどして追加点は奪えず1-0で試合を折り返す。

迎えた後半は湘南が中に切り込んだ鍛代元気がゴールネットを揺らして追加点を決める。すると立川・府中は残り6分にパワープレーを開始。しかしこれを守り切った湘南が勝利し、初のオーシャンカップ決勝へと駒を進めた。

相手のエース・ジョーの対策は……?

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

今日の試合前のミーティングでテーマを2つ出して、1つは歴史を変える。今まで3位が最高だったので決勝に行って自分たちで湘南の歴史を変えようという話をしました。

もう一つはリベンジ。昨シーズン、0−1で負けてプレーオフが遠くなり(全日本フットサル)選手権でも0-1で負けて先を断たれてしまった相手に対して「今日は勝ってリベンジしよう」という話をしました。

厳密にいうとジョー選手が加入してから一度も勝っていなかった。今日は植松(晃都)と心中じゃないですけどジョーvs植松で「お前が抑えたらウチが勝つ。でもダメだったらそれは俺のせいだ」という話をして植松がジョー選手を密着マークしますけど仲間をしっかりカバーしようよという話の中で彼が本当に仕事をし切ったこともあります。

選手も人数が少ない中、鍛代選手も腰を打ってしまい、ゴールという置き土産で(笑)、途中から出れなくなってしまいましたけどその代わりの浦上(浩生)やフェリペ(林田フェリペ良孝)もそうですし全員が躍動してくれた。

昨日、Jリーグの試合があって0-2という絶命の中から3点取って逆転勝利した試合を見せられて燃えないわけがないですよね。同じエンブレムをつけているクラブの仲間として「やってやろう!」という思っていましたし、選手たちも特に何も言ってませんでしたが朝起きたときに目がいい目をしていたので今日はやってくれるのではと思っていました。歴史を変えましたけど明日はとてつもない相手がいて、どうやったら勝てるか想像しても思いつかないぐらいの相手。ですがしっかり挑んで何か爪痕を残し優勝したいと思っています。

鍛代元気(湘南ベルマーレ)

──試合を振り返って。

今日もたくさんの方に会場に来ていただいて本当にありがたく思っています。監督が言ったように僕は後半、置き土産をしてベンチにずっといましたがベンチにいながらベンチのみんなも一緒に戦っていて、終わってからですけど勝てる雰囲気は感じました。本当に、みんなで取った勝利だと思います。この勝利を明日に繋げて監督を胴上げしたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami