SAL

MENU

作成日時:2022.09.30
更新日時:2022.10.03

【アジアカップ|試合後コメント】見事な連係で、本大会初ゴールをマークした金澤空。「今日の試合では絶対に点をとってやろうという強い気持ちで……」

PHOTO BY勝又寛晃

30日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップのグループリーグ第2節を戦い、韓国代表に6-0で勝利した。

第1節ではチャンスシーンで得点を決めきれず、唇を噛んだ金澤空が、この日韓戦では見事な連係プレーでゴールを奪い勝利に貢献。本大会初ゴールを記録した。

3人の良さが噛み合った

──アジアカップ本大会での初ゴールとなりました。

サウジ戦でチャンスを外して悔しい思いをしていたので、今日の試合では絶対に点をとってやろうという強い気持ちで入りました。ゴールを決められたのはホッとしています。

──ピレス・イゴール選手がスローを投げて、それを長坂選手が頭で落とし、金澤選手が決めました。

3人の良さが噛み合ったと思います。東アジア予選で戦った時に、韓国がマイナスへの折り返しとか、こぼれ球への反応が遅いという印象が残っていたので、狙い通りに決められました。

──金澤選手のセットで28分、29分と連続得点になりました。

自分たちのセットが入った時に主導権を握れているというのは感じたので、ここで畳み掛けようと思っていました。そういう意味では2点を一気に取れたのは大きかったです。

──ピヴォらしいピヴォを置かず、クワトロで回す時間帯もありました。

木暮監督からも、自分たちのスピードや機動力を活かして相手に的を絞らせるなと言われていました。それがうまくハマったのかなと思います。

──今日は日本人サポーターもスタンドから声援を送ってくれましたが。

クウェートの地でも日本人があれだけ応援してくれて、アスレの横断幕も見えたので、自分にとってはすごく力になりました。チームとしても良い雰囲気で終われましたし、次のベトナム戦が大きなヤマだと思っているので、明日良い準備をして望みたいです。

▼ 関連記事 ▼