SAL

MENU

作成日時:2022.10.05
更新日時:2022.10.05

【アジアカップ|試合後コメント】ジョーカーとして起用され、期待に応えた原田快。「とにかく自分の武器を出せれば」

PHOTO BY勝又寛晃

4日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップの準々決勝を戦い、インドネシア代表に3-2で勝利。準決勝進出を果たした。

第2ピリオド、1点を追いかけるなかでこの試合初めてピッチに立ったのが18歳の原田快だ。木暮賢一郎監督から「スコアを動かしたいけど、なかなか動かないところのゲームチェンジャー的な役割」と言われる原田だが、逆に言えばそれ以外の時間帯ではほとんど出番がない。

それでも、自分の役割を全うし、積極的にドリブルを仕掛けたことでチームが息を吹き返す同点弾のきっかけになった。ジョーカーとして起用されることの多い原田がここまでの自分自身のパフォーマンスを振り返った。

自分が何を求められているはわかっている

──ここまでの4試合を振り返って、いかがですか。

正直、全然出られないのは悔しいです。ただ、自分が何を求められているはわかっていますし、木暮監督からも常に言われているので、出番が来た時にできるようにと思っています。

──第2ピリオドにピッチに立ちましたが、どんな気持ちで入りましたか?

0-1でリードされていたので、とにかくゴールを決めようと。本当は僕が決めたかったんですけど……ソラ(金澤空)が決めてくれて、結果的にはよかったです(笑)。

──木暮監督は原田選手がゲームを動かしたことを喜んでいましたが。

流れを変えるという役割があるので、それをしなければいけません。僕が出る時はチームとしてうまくいっていないことが多いと思いますし、複雑な気持ちもありますけど、とにかく自分の武器を出せればと思っています。

──準決勝以降で自分がヒーローになりたいという気持ちはありますか?

はい、かなり(笑)。ベンチの後ろで試合を見ながら、自分が出たらどうするかなって、ずっとイメージを膨らませています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼