SAL

MENU

作成日時:2022.10.07
更新日時:2022.10.07

【アジアカップ|速報レポート】日本がウズベキスタンに2-1で逆転勝利!2大会連続で決勝へ進出

PHOTO BY勝又寛晃

6日、日本代表はクウェートで開催されているAFCフットサルアジアカップの準決勝・ウズベキスタンとの一戦に臨んだ。

■試合ハイライトはこちら

再三攻めながらも先制され、ハーフタイムへ

準々決勝のインドネシア戦を3-2で制した日本は、4試合連続で、GKピレス・イゴール、FPオリベイラ・アルトゥール吉川智貴水谷颯真平田・ネト・アントニオ・マサノリの5人が先発のピッチに立った。

日本はキックオフから18秒後にファーストシュートを放つ。カウンターを自陣から仕掛けると、左サイドで平田が左足を振り抜く。ファーサイドへ飛んだボールは惜しくもポストに嫌われ、ゴールとはならなかった。

第1ピリオド5分、敵陣右サイドでFKを獲得。これをアルトゥールがミドルで直接狙うと相手GKが止めきれず、ボールはゴール内へ転がっていたがライン上でギリギリ止められる。この直後には水谷のミドルがポストを叩き、先制点こそ決まらないが日本に惜しい場面が続く。

13分、ドリブルを仕掛けた金澤空が自陣でボールをロストすると、カウンター攻撃を受け、シュートを放たれる。これは枠の外へ飛び、失点を免れた。16分、CKを与えてしまった日本は、相手にボレーでミドルを打たれると、シュートはクロスバーに直撃し、連続してピンチを迎える。

しかし同分に今度は日本がCKを獲得すると、クレパウジ・ヴィニシウスがダイレクトボレー。強烈なシュートはバーに当たって跳ね返り、得点が決まらない。

ゴールに迫りながらも得点が生まれず、嫌な流れが続くと日本はついに先制点を許してしまう。17分、イゴールが前線へ投げたボールをカットされると、相手選手にボールが渡る。自陣でアルトゥールが1対1で止めに入ったが、ドリブルで突破されてしまい、中央へ折り返されるとこれをゴール前のハムロエフにネットを揺らされてしまった。

18分、金澤が右サイドからファーへシュート性のパス。セグンドで上村充哉が詰めたが、これは左ポストに当たって入らない。結局、第1ピリオドは最後まで日本にゴールが生まれず0-1でハーフタイムを迎えることになった。

第2ピリオド23分にアルトゥールのゴールで試合はふりだしに

1点ビハインドで迎えた第2ピリオド、日本にとって理想的な時間でゴールが決まる。23分、日本が敵陣右サイドでキックインを得ると、ボールを受けたアルトゥールがコントロール・オリエンタードで相手選手を一人かわし、ゴール左下へ鋭いミドルシュートを突き刺し、試合を振り出しに戻した。

そして30分、日本がこの試合初めて勝ち越しに成功する。左サイドでCKを獲得すると、石田健太郎から上村へ短くつなぐと、リターンを受けた石田がゴール前へラストパス。これをファーサイドにいた金澤がゴールネットを揺らしてみせた。

しかし直後の31分、イゴールがボールを蹴った後に、ピッチに座り込んでしまう。ここまでゴールマウスを守っていた守護神はベンチに下がり、代わりに黒本ギレルメがピッチに立った。

33分、ウズベキスタンは6分を残した時間からパワープレーを開始。数的不利な状況で守り続けた日本は37分、至近距離からのシュートを浴びたものの、黒本がスーパーセーブ。

その後も猛攻を仕掛けてくるウズベキスタンに対し、日本は集中力高くゴールを守り、シュートを放たれても黒本が最後の砦として立ちはだかる。

追いつかれてしまえば延長戦という緊迫した攻防のなか、日本は苦しみながら2-1で逆転勝利。ウズベキスタンとの激闘を制して、2大会連続の決勝進出を果たした。

▼ 関連記事 ▼