SAL

MENU

作成日時:2023.02.25
更新日時:2023.02.25

【PO決勝第3戦/試合後インタビュー】プレーオフの“ラッキーボーイ”となった安藤良平「ワクワクしていた気持ちを、プレーに乗せるだけだった」

PHOTO BY高橋学、ABEMA

2月24日(金)、Fリーグ2022-2023 ディビジョン1 プレーオフ決勝、名古屋オーシャンズvs立川アスレティックFCの第3戦がパロマ瑞穂アリーナで行われ、3-0で名古屋が勝利した。この結果により、名古屋がプレーオフ決勝を3連勝で制し、6年連続15度目のリーグ制覇を達成した。

■この試合の無料ハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

第1戦を5-1、第2戦を5-2で連勝した名古屋が、第3戦を無失点で抑え、完璧なフィニッシュで優勝を決めた。まさに「絶対王者」。この決勝の舞台に立った名古屋、立川の両チームで過去にプレーした経験を持つ渡邉知晃も脱帽する、まさに圧巻の強さだった。

「名古屋はプレーオフ決勝に全ての照準を合わせている」

引用元:【渡邉知晃コラム】さすがすぎる吉川智貴、試合を左右した2つのプレー。立川の下剋上はもう無理?|プレーオフ決勝第1・2戦

名古屋が高いコンディションを維持できていることを証明したのが、背番号7番・安藤良平の活躍だった。フィクソとして盤石の守備を見せただけでなく、リーグ戦22試合で無得点だったにもかかわらず、プレーオフ決勝の3試合で2ゴール・2アシストをマークし、チームを6連覇へと導いた。

試合を終え、清々しい表情でミックスゾーンに現れた安藤が、インタビューに応えた。

インタビュー・長谷川ゆう

今日で決めるぞという思いで会場に来た

──優勝おめでとうございます。

ありがとうございます。

──今の気持ちは?

最高です!

──今日、瑞穂に入る時にどのような気持ちで入られましたか?

今日で決めるぞという思いで、今日この会場に来ました。

──リーグ戦では点が取れていないなかで、プレーオフでは優勝の立役者と言える活躍でした。このプレーオフでどんな意識をして準備されましたか?

特別になにかというより、普段通りにやっていることを続けていれば、いいパフォーマンスできると思っていました。プレーオフが近づいてきたからといってなにかを変えることはしなかった。普段通りに準備して、あとはワクワクしていたので、その気持ちをプレーに乗せるだけだと思っていました。

──声出し応援が解禁されて最高の環境のなかでの優勝だったと思います。応援してくれたファンやサポーターにメッセージを。

1年間、熱い応援ありがとうございました。今日の3戦目でやっと声出し応援ができたことで、僕たちもすごく力になりました。声出し応援が続いてくれたらいいと思いますし、それをプレーで返せるように引き続き頑張っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼