SAL

MENU

作成日時:2023.02.24
更新日時:2023.02.25

【PO決勝第3戦/名古屋vs立川】奇跡の逆転優勝はならず……比嘉リカルド監督「全日本選手権でもう1回、名古屋と戦って勝ちたい」

PHOTO BY高橋学

Fリーグ2022-2023 ディビジョン1 プレーオフ決勝、名古屋オーシャンズvs立川アスレティックFCの第3戦がパロマ瑞穂アリーナで行われ、3-0で名古屋が勝利した。この結果により、名古屋がプレーオフ決勝を3連勝で制し、6年連続15度目のリーグ制覇を達成した。

■この試合の無料ハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた第1戦、第2戦を落とした立川はもう負けられない崖っぷちの状況。王者を相手に、まずは1勝して流れを引き寄せたいところだった。

立川は、第1ピリオドから集中した守備で名古屋の攻撃を防いでいたものの、17分に相手のキックインをカットしようとした金澤空が痛恨のオウンゴール。先制点を献上してしまう。18分、右サイドをワンツーで攻略した南雲颯太が右足でフィニッシュ。しかしボールは左ポストを叩き、ゴールとはならず。

第2ピリオドは立川がGK黒本ギレルメを使いながらビルドアップし、名古屋を押し込んでいく。26分には右サイドの高い位置でボールを奪った中村充が、吉川智貴のマークを受けながらも強引にシュート。これはGK田淵広史の正面だったが、立川はチャンスを作り始めていた。

しかし、30分にカウンターから安藤良平に決められ2点差と突き放されてしまう。

立川は残り5分で皆本晃がGKユニフォームを着用してパワープレーを開始。しかしその直後、裏に抜け出した吉川を皆本が引っ張って倒して、一発退場。さらにこのファウルで与えたFKをアンドレシートに直接決められ、3点差と広げられてしまった。

その後、立川は新井裕生をGKに入れたパワープレーを開始するが、ゴールネットは揺らせず。プレーオフ決勝は3連敗で準優勝に終わった。

試合後、比嘉リカルド監督と上村充哉が会見に出席した。

第1戦、第2戦よりいい試合ができたと思っている

比嘉リカルド監督(立川アスレティックFC)

──試合を振り返って。

悔しいですね。ただ、悪い試合はしていない。0-3で負けてしまって悔しい気持ちはありますが、1試合目、2試合目より良い試合ができたと思います。後半に2失点目をしたところで崩れてしまって、パワープレーをスカウティングされてシュートまで持っていけなかった。相手は強かったけど、僕らは1年やってきたことにプライドを持っています。みんなが来たかった決勝に来られた。優勝はしたいが、良い方向に向かっているんじゃないかと思っています。

──決勝まで来て、自分たちが得たものは。

1日ずつ良い練習をしてきたから今の結果がある。12チームの中で、今シーズンの2つのトーナメント(オーシャンカップとプレーオフ)で決勝まで行っています。全日本選手権でもう1回名古屋と試合をして勝てるように、悔しさを力にして頑張っていきたいです。

うちは7回転んだら8回起き上がるチーム

上村充哉(立川アスレティックFC)

──試合を振り返って。

本当に悔しいですし、アスレのサポーターを含めて、フットサルファンのみなさんに感謝の気持ちも、(プレーオフを)盛り上げられなくて申し訳ない気持ちもあります。うちは7回転んだら8回起き上がるチームなので。もっと強くなって、起き上がるチームだと僕は思っています。僕もそういうマインドでやっている。プレーオフを目指すチームじゃなくて、優勝を目指すチームを作りたいです。実力が足りないから負けたので、これからも1日1日の練習を意識高く取り組みたい。応援してくださったみなさんに良いところを見せられるように頑張りたいと思います。

──決勝まで来て、自分たちが得たものは。

積み上げてきたものが打ち砕かれた気分なんですが、積み上げてきたものは偽物じゃないと思っています。ここに来ないと、この悔しさも味わえなかったわけで。この悔しさをを覚えて取り組むか、忘れるかは自分次第。この悔しさを忘れずに立ち上がりたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼