SAL

MENU

作成日時:2023.11.09
更新日時:2023.11.30

すみだの北隅智宙監督が今季限りで退任へ。「クラブのこれからの未来に期待してくださった皆様、ありがとうございました」

PHOTO BY高橋学

フウガドールすみだは11月9日、2023-2024シーズン限りで北隅智宙監督が退任することを発表した。



生え抜き選手を中心に新体制を整備

北隅氏は女子フットサルチームのBORBOLETAFUTSALで指導者キャリアをスタートし、2014年にバルドラール浦安ラスボニータスのコーチを経て、2015年に“フウガファミリー”に入閣。2016シーズンにすみだレディースの監督を務め、以後、すみだファルコンズ(U-18)、すみだバッファローズ(サテライト)の監督なども歴任し、この2023-2024シーズンにトップチーム監督に就任。育成組織の教え子たちをトップチームに昇格させながら、新体制を整えてきた。

クラブのホームページを通して北隅氏は、自身が監督就任当初に掲げた「育成組織からの昇格をベースに5年かけて日本、アジアの頂点へ」という目標が道半ばとなったことを悔やむコメントともに、ファン・サポーターへの感謝の気持ちを述べた。



■北隅智宙監督退任のお知らせ(クラブリリースより)

この度、北隅智宙監督が2023-2024シーズンをもって退任することとなりましたのでお知らせいたします。
後任につきましては決定次第お知らせいたします。

■コメント

来季クラブの運営体制変更に伴い契約更新せず、今シーズンでのトップチーム監督の解任とともにクラブ退団を伝えられたことをご報告いたします。
私が皆様へ今年掲げた日本一の育成組織からの昇格をベースに5年かけて日本、アジアの頂点へというプロジェクトは叶わなくなりました。
この取り組みにご賛同いただき多くの方々の支援、応援を感じながら日々仕事ができたことが私にとって大きな財産です。
クラブのこれからの未来に期待してくださった皆様本当にありがとうございました。

8年間クラブのスクールから、ファルコンズ、バッファローズ、レディース、トップチームまで多くのカテゴリーの指導を様々な立場で行えたことでたくさんの学びを得ることができました。支えてくださった皆様に感謝申し上げます。

クラブからは今季最後まで監督としての仕事を一任していただいているので、自分にできる努力を続け、支えてくださる皆様を少しでも笑顔にできるように日々精一杯取り組んでいきます。

今後のことですが、これまでの全ての学びを活かせる場所で必要としていただける場所があればフットサル、フットボールに携わる仕事をしていきたいと考えています。残り少ない時間ですが、応援よろしくお願いいたします。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼