SAL

MENU

作成日時:2023.11.11
更新日時:2023.11.11

【F1第20節|記者会見/横浜vs立川】若手、メンバー外の選手も全員で一丸となって得た3カ月ぶりの白星。鳥丸太作監督「この一勝は忘れられない」

PHOTO BY本田好伸

11月10日、Fリーグ2023-2024ディビジョン1の第20節、Y.S.C.C.横浜vs立川アスレティックFCが墨田区総合体育館で行われた。

スコアレスで迎えた29分、硬いゲームを動かしたのは高橋響だった。敵陣で得たFKのチャンスで、ゴール左下へと直接シュートを決めて先制に成功。残り4分にパワープレーを仕掛けられ、次の1点が結果を大きく左右するなか、ボールをカットした菅原健太が無人のゴールへロングシュートを落ち着いて決めて2-0。怪我人や累積警告による出場停止選手がいるなか、チームの総合力を示して8月6日の第11節・バサジィ大分戦以来、9試合ぶりの勝利を収めた。

試合を終え、鳥丸太作監督とキャプテンの堤優太が記者会見に出席した。



「今週は守備から」というオーダーにすごく応えてくれた

●Y.S.C.C.横浜|鳥丸太作監督

──試合を振り返って。

苦しい時間が長かったので、この一勝は忘れられないと思います。本当に(トンネルを)抜けられたかはこれから次第ですけど、一つの勝利でみんなに勇気が湧いてくると思う。これだけ勝てない時期は僕が監督になってから初めての経験でした。そのなかで怪我人とか累積のカードの関係で出られない選手もいて、今日は出られない選手も一つになっての勝利でした。

──FKから決まった先制点で、祝航大選手をピッチに立たせた狙いは?

今日は「チーム全員で」と思っていて、祝は特別指定でずっと努力している選手で、最近は練習でのパフォーマンスもよかったんです。「Fリーグの舞台に立てるレベルだと思った時に出す」と本人に言っていたなか、それに近しいパフォーマンスだった。彼と4番の宮下隼人も少し出場があったと思いますけど、若い選手を出したい思いもありました。

FKの場面で(祝を)出したのは、願いを込めたのもあります。高橋がシュートを打つのは決まっていて、ブラインドになるシンプルな戦術がありました。その後も彼が出て、「仕掛けてほしいな」というところで得点が入ったので、すぐに安井嶺芽と代えましたけど、そういうチャレンジ精神への期待と、彼らへの信頼、チーム全員でという思いを込めて、今日は若い2人を出しました。

──伊藤玄選手や稲川琢馬選手の守備面での評価は?

スコアにも表れていますけど、メンタルは満点でした。攻撃から守備への切り替えも速かった。僕らはボールを取られたあとのカウンターの守備から得点されてしまうことが多かったので、短い準備期間でしたけど映像を見せて確認しました。いつもは軽い運動からゲームに入るという流れですけど、今週はそこの部分のトレーニングを入れて臨みました。「今週は守備から」と伝えていて、その僕のオーダーにすごく応えてくれました。

稲川選手もゲームに入って声を出していて、出場機会の少ない選手がああやって堂々とパフォーマンスを出すのは簡単なことじゃないですけど、普段から真摯にトレーニング取り組んでいる選手なので、みんなからの信頼も厚かったと思う。僕も選手経験が多少あるのでわかりますけど、みんなの期待に応えて、ああいった堂々としたプレーができるのはシンプルに尊敬するし、すごいなと思います。「失点するな」とは口で言うのは簡単ですけど、40分間、僕のオーダーに技術的にもメンタル的にも応えてくれた選手たちを見て、簡単な言葉ですけど、感動しました。



仲間として一つになったことが勝因

●Y.S.C.C.横浜|堤優太

──試合を振り返って。

僕らの前の湘南しながわも熱い試合をしていたなか、僕らも立川さんと熱い試合をして、久しぶりに勝利できてハッピーな1日になりました。次のしながわ戦がすごく大事になるので、気持ちを切り替えて、中断期間ではチームとして攻守を高め合って、残り2節で上位リーグ進出をしっかり決めたいです。

──前回の立川との試合は大味な試合になったが、今回硬い試合になった要因は?

監督から「今週は攻撃ではなく守備から」と全体に言われていたので、硬い試合になるのは想定内でした。

──1-0で迎えた残り4分に立川はパワープレーを仕掛けてきましたが、どんな気持ちで守っていましたか?

ベンチを見ていただけたらわかると思いますけど、全員で戦ったことが結果につながったと思います。仲間として一つになったことが勝因だと思うので、いい経験ができたかなと思います。

──堤選手自身はこの後、代表活動に入ります。厳しい日程になりますが、今のコンディションは?

所属チームで多くの機会をもらっていて、得点でのパフォーマンスはなかなか出せてないですけど、個人的にはドリブルやパス、守備の部分では個人的に調子がいいので、来週から始まるウズベキスタン遠征で結果を残して、個人として成長していきたいです。

──代表で求められることとクラブで求められることの違いに戸惑うことは?

僕の思っている部分でプレッシャーはそこまでなく、自分がもっているものを出すだけなので、まずは自分を信じて結果を出すだけ。自信を持ってプレーできています。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼