SAL

MENU

作成日時:2024.05.09
更新日時:2024.05.10

【Fリーグ】2024-2025シーズンのキックオフカンファレンスが開催!F1、F2、女子の総勢33名が集結し、開幕に向けた意気込みを熱弁

PHOTO BY本田好伸

5月8日、日本サッカー協会オフィスにて、Fリーグ2024-2025と日本女子フットサルリーグ2024-2025のキックオフカンファレンスを実施。F1とF2、そして日本女子フットサルリーグも含めた全33チームの代表選手が一同に集まり、新シーズンへの意気込みを語った。




F1は12チーム、F2は10チームの全22チームに

2024-2025シーズンのFリーグは、ディビジョン1が昨年と変わらず12チーム、ディビジョン2はライセンス不交付となっていたデウソン神戸が2シーズンぶりに復帰したことで10チームとなり、全22チームに。それぞれのカテゴリーで、年間王者の座を懸けて熱戦を繰り広げる。

ディビジョン1については昨シーズンと変わらず、ホーム&アウェイ2回戦総当りの「レギュラーシーズン」を終えたのち、上位6チームと下位6チームの2グループに分け、「ファイナルシーズン」として最終順位を決定する。ディビジョン2については10チームがホーム&アウェイの全18節を戦う。

レギュレーションの大きな変更点としては、毎年、リーグ戦全日程終了後に行われていたディビジョン1・2入れ替え戦が開催されずに自動昇降格となること。これまでの入れ替え戦は、F1の12位とF2の1位が2試合を戦い、勝ち点と得失点差が並んだ場合はF1クラブが残留するという仕組みになっており、2021-2022シーズンにはボアルース長野がF2降格を免れていた。しかし、今シーズンはリーグ戦の結果で昇降格がそのまま決まる形となるため、リーグ終盤のシビアな争いがより加熱するはずだ。



5シーズンぶりF1復帰の仙台は、浦安と激突

リーグ創設から18年目の開幕戦は、F1とF2、そして女子ともに、6月1日と2日に開催される。

6月1日の14時には、バルドラール浦安アリーナにて浦安とヴォスクオーレ仙台が対戦。
仙台にとっては、5シーズンぶりに戦うF1リーグの初陣となる。また、2022シーズンに浦安を退団したGKの税田拓基と藤山翔太にとっては、リーグ戦で初の古巣対戦。両チームのファン・サポーター注目の一戦となるだろう。

●石田健太郎|バルドラール浦安

今シーズンの浦安のスローガンは、「頂上至上」です。ブラジル人選手が2人加入し、より攻撃的なフットサルになると思います。これまでの浦安らしいパス回しの歴史も積み上げつつ、また新しいフットサルを体現し全員で優勝だけを目指して頑張ります!

●藤山翔太|ヴォスクオーレ仙台

僕たち仙台は、5シーズンぶりにF1の舞台に戻ってくることができました。昨シーズンとメンバーはほぼ変わっておらず、F2と入れ替え戦を制したメンバーと監督のもとチームワークで戦い、このクラブがF1にいることの意義を証明したいと思っています。そのために「One Heart」というスローガンのもと、みんなで心を一つにしてファン・サポーター、選手、スタッフ全員で戦っていきたいです。期待していてください!

名古屋vsしながわ、再び

また、2日の14時からは金城ふ頭アリーナにて、名古屋オーシャンズとしながわシティが対戦。
スペイン1部クラブを長年率いたイマノル監督を招へいした名古屋と、昨季のリーグ得点王・新井裕生をはじめ大幅に戦力補強したしながわが、2年連続同カードで顔を合わせる。

●宮川泰生|名古屋オーシャンズ

今年のオーシャンズは監督が変わって新体制となり、新たなスタートを切ります。スペイン人のイマノル監督が就任しフットサルのスタイルは少しは変わると思いますが、自分たちがやることは変わらずいいトレーニングを積み、年々競争力が高くなっているリーグでも名古屋の絶対的な強さを見せていけるように頑張るので、よろしくお願いします。

●白方秀和|しながわシティ

今シーズンのチームスローガンは「魂際」です。今シーズンから監督を務める、比嘉リカルドさんは攻守においてアグレッシブなプレーを求めているので、それを体現し、シーズンが終わった時にいい景色が見られるように、一つひとつのプレーに魂を込めてプレーしていきたいです。皆さんもご存知のとおり、熱い監督のもと、その熱さに乗っかって僕たち選手も戦います。

いざ、自動昇格の1枠獲得へ

そして、クラブ史上初のF2降格となったエスポラーダ北海道は、1日の14時より水元総合スポーツセンター体育館でリガーレヴィア葛飾と対戦。
たった一つのF1昇格を懸けた争いの火蓋が切られる。

●菊地耕平|リガーレヴィア葛飾

スローガンは「LEGARE」で、意味は「つなぐ」です。クラブのこれまでの歴史とこれからをつなぎ、熱い試合を見せたいです!

●小原風輝|エスポラーダ北海道

チームスローガンは「Reboot(再起動)」です。昨シーズン、クラブ史上初の降格という悔しい思いをしたので、まずは「1年でF1の舞台に戻る」という目標を達成できるように頑張ります。

“絶対女王”か、“王座奪還”か

2024-2025シーズンの日本女子フットサルリーグ(女子Fリーグ)の開幕戦は、福井県立体育館にて集中開催され、6月1日と2日の2日間で全5試合が行われる。

注目カードは、2日10時30分キックオフの、バルドラール浦安ラスボニータスvsアルコ神戸。
女子Fリーグの“絶対女王”に君臨し今シーズン5連覇を目指す浦安と、2019シーズン以来の“王座奪還”を目指す神戸が、第1節から激突する。

●伊藤果穂|バルドラール浦安ラス・ボニータス

昨シーズンは二つの引き分けがあったものの、無敗でリーグ4連覇を達成することができました。今シーズンは5連覇への挑戦として、開幕戦から一戦一戦、“隙のない強さ”を見せてチーム全員の力で戦っていきます。また、ラスボニータスが掲げるスローガン「STAY GOLD」のとおり一番輝くものをつかんでトップでい続けるために、神戸との試合が非常に重要になってくるので、残りの時間いい準備をしていきたいです。

●櫻田真衣|アルコ神戸

今シーズンは加藤正美新監督のもと、新たな体制でリーグに挑みます。「才能を超えろ」というチームスローガンのもと、一人ひとりの才能を最大限に引き出すことはもちろん、プラスアルファの力を発揮できるようにクラブ全員が挑戦する姿勢をもち続け、1年間戦い抜きます。昨シーズンはリーグ3位と悔しい結果に終わってしまったので、今シーズンは日本一を奪還できるよう頑張ります。

開幕戦日程

■Fリーグ2024-2025ディビジョン1第1節

6月1日(土)

時間 カード 会場
14:00 バルドラール浦安 vs ヴォスクオーレ仙台 バルドラール浦安アリーナ
14:00 ボルクバレット北九州 vs 湘南ベルマーレ 北九州市立総合体育館
15:00 立川アスレティックFC vs バサジィ大分 立川立飛アリーナ

6月2日(日)

時間 カード 会場
14:00 ペスカドーラ町田 vs シュライカー大阪 町田市立総合体育館
14:00 名古屋オーシャンズ vs しながわシティ 名古屋金城ふ頭アリーナ
14:00 フウガドールすみだ vs Y.S.C.C.横浜 ひがしんアリーナ

■Fリーグ2024-2025ディビジョン2第1節

6月1日(土)

時間 カード 会場
14:00 リガーレヴィア葛飾 vs エスポラーダ北海道 水元総合スポーツセンター体育館

6月2日(日)

時間 カード 会場
14:00 マルバ水戸FC vs ポルセイド浜田 アダストリアみとアリーナ
14:00 ボアルース長野 vs ミラクルスマイル新居浜 ホワイトリング
15:00 アグレミーナ浜松 vs ヴィンセドール白山 浜松アリーナ
15:00 広島エフ・ドゥ vs デウソン神戸 広島県立みよし公園カルチャーセンター

■日本女子Fフットサルリーグ2024-2025 第1節

6月1日(土)

時間 カード 会場
10:30 流経大メニーナ龍ケ崎 vs エスポラーダ北海道イルネーヴェ 福井県営体育館
13:00 ミネルバ宇部 vs SWHレディース西宮 福井県営体育館
15:30 立川アスレティックFCレディース vs アニージャ湘南 福井県営体育館

6月2日(日)

時間 カード 会場
10:30 バルドラール浦安ラス・ボニータス vs アルコ神戸 福井県営体育館
13:00 福井丸岡ラック vs さいたまサイコロ 福井県営体育館

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼