SAL

MENU

作成日時:2024.05.18
更新日時:2024.05.20

【Fリーグオーシャンカップ2024|記者会見/立川vs町田】再三のチャンスも決めきれずワンプレーから敗戦。立川・サバス監督「チャンスをつくってもゴールができなかった。だからフットサルはおもしろい」

PHOTO BY本田好伸

試合日程・結果はこちら


5月18日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の準決勝が行われ、立川アスレティックFCとペスカドーラ町田が対戦。立川は2-5で町田に敗戦し、明日の3位決定戦に臨む。

試合を終え、サバス監督と完山徹一が記者会見に出席した。

あのファウルは、次はやらなければいい

●立川アスレティックFC|サバス監督

──今日の試合を振り返って。

来日して2年で私の日本語はちょっと(しかできない)ですが、わからなかったら(記者会見に同席している)コーチがサポートします。

今、試合が終わってミーティングをしました。チームは、一昨日も今日も素晴らしい試合をしました。目的に沿ってやりました。フットサルは面白いです。2-2からたくさんチャンスをつくりましたがゴールできませんでした。

ただ、(南雲颯太が2枚目のイエローカードをもらった)ファウルで試合が変わった。あのファウルはもっと経験が必要です。いらないものです。ただ、フットサルはスピードが速いので難しい。(南雲)颯太はミスでしたが、問題はありません。次はやらないようにできればいいと思います。フットサルにはスライディングはいりません。

(退場者が出たことで)3対4の状況になり、こちらは3人なので、(山中)翔斗さん、ヴィニシウスさんには素晴らしいシュートがありましたし、ゴールを許しました。あれを止めるのは難しかった。

こちらもパワープレーでチャンスがあり、4-2にされてからもチャンスをつくりましたが難しいものでした。

──立川はこれまで、金澤空、新井裕生と、2年連続でエース級の選手が抜けながら、今大会もベスト4まで勝ち上がってきました。このクラブは勝者のメンタリティをもっている?

シンプルです。最初に話したことがあります。私の目的は、このクラブが勝てるチームになること。マインドセットできればいい選手がいます。今日も素晴らしいプレーをしました。みんな、新しいスタイルやモデルになったことで練習をしていますし、そこには時間がいります。それでも、いい内容でした。大会の初戦となった浦安はとても強かったですし、今日の町田も強かった。でも、後半にもチャンスをつくれました。

新井(裕生)も素晴らしい選手、(金澤)空も素晴らしい選手。でも今はいない。それは問題ない。今いる16人の選手が大切です。

リーグ戦に向けてプラスになるゲームができたら

●立川アスレティックFC|完山徹一

──明日の3位決定戦に向けて。

優勝を目指していたので残念です。ありがたいことに3位決定戦があります。3位には賞金があり、4位にはないですから、そこも含めて、当然、今日と同様に勝利を目指していきます。

テーマとしては、全員の選手を使うと監督が話していたので、みんないい準備をして、この負けを引きずらないように。今日は、負けましたが、悪いプレーではありませんでした。まだ発展途上のチームですから、まずは勝つこと。そこでリーグ戦に向けて自分たちにプラスになるゲームができたらいいなと思います。

──新チームでキャプテンを任されたことについては?

練習が始まったのが4月10日からでした。監督から「キャプテンをやってくれ」と言われたのがゴールデンウィークの時のトレーニングマッチの前でした。まさか自分がキャプテンになるとは思っていないですし、自分にとってそんな役割はとっくに終わっていると思っていたのでびっくりしました。

初めて監督から呼ばれましたし、急に呼ばれました。悪いことをしたかなとか、もう年齢的にいらないのかなと思ったのですが(笑)。理由も伝えてもらって、「やります」と、ありがたく引き受けさせてもらいました。

──どんな理由でした?

なんでしょうね(笑)。言える範囲ですけど。実は、あまり言いたくなくて、彼からのメッセージを大事にしているので。もちろんチームメートにも、みなさんにもまだ話していません。

自分のなかで大事にしています。本当にびっくりしたんですけどね。簡単に言うと、自分のことを大切に思ってくれているというメッセージでした。僕もそれで、いつもやる気はありますけど、久しぶりにうれしい気持ちになりました。そういう気持ちにさせてくれてうれしいですし、前向きで、僕にとってプラスのメッセージでした。

──立川には、皆本晃代表や上村充哉、酒井遼太郎など、キャプテンシーのある選手がいるなか、完山選手はどんなキャプテン像を考えていますか?

彼らとはタイプが違うと思います。プレーでも、ベンチでも。一つは、落ち着きをもたらしたい。あとは、自分がこの年齢までやらせてもらっているので。当然、自分もただやっているわけではありません。

いろんな思いがあり、覚悟をもってやっています。今は、アスレを良くしたいですし、そこも含めて伝えていきたい。キャプテンに任命されて、そのことを思うようになりました。それまでは良いプレーをして伝えたいな、という感じだったのですが。

アスレの選手はみんな熱いじゃないですか。いろんな人間がいていい。僕もアスレ歴が長いので、「いい伝統」というと古臭い言葉ですけど、そういうイメージです。それを伝えていきたい。

でもナチュラルです。いち選手ですから。そんなに自分がなにかを言う必要もありません。子どもみたいなことをしていたら自分はおじさんなので言いますけど、みんないい子ですし、そんな選手はいませんね。

──相手には森岡薫がF1に戻ってきました。44歳と45歳の2人がピッチに。彼にはどんな思いが?

すごくうれしいですね。Fリーグ元年から一緒のチームでやってきましたからね。彼の良い部分も、悪い部分もいろいろと知っています。ここでは言えないですけど(笑)。アスレでも一緒にやっていて。リガーレヴィア葛飾でやっていたところからまた戻ってくると知って「本当に?」って。

今大会のくまがやの会場で会った時にも、彼からは冗談で「いつまでやるんだ?」って聞かれました。今日もピッチでは“らしい”プレーもありました。プレーする時間は長くはないですが、結果、3点目をアシストしていますし、チームにプラスになっています。今日はアスレが負けて残念ですが、彼の復帰はうれしいです。

今でもFリーグで5本の指に入るようなネームバリューがありますし、もっともっとプレーを見たいです。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼