SAL

MENU

作成日時:2024.05.22
更新日時:2024.05.22

ルーキーながらも大会得点王!残る悔しさを胸に、成長誓う町田のニュースター・三宅悠斗「チームを勝たせる選手になりたい」

PHOTO BY本田好伸

5月19日、名古屋金城ふ頭アリーナにてFリーグオーシャンカップ2024の決勝が行われ、名古屋オーシャンズとペスカドーラ町田が対戦し、町田が3-4で敗戦。準優勝で大会を終えた。

今シーズン、町田アスピランチからトップチームに昇格し、このオーシャンカップで公式戦デビューを叶えた三宅悠斗。

チームメートも驚く、利き足にとらわれない精度の高いシュートとその決定力の高さは、ファン・サポーターの間でも大きな話題となり、ルーキーとは思えぬ活躍ぶりで、決勝戦でも名古屋を相手に1ゴールをマークし、大会通算4ゴールで最多得点タイに輝いた。

それでも、残るのはチームを優勝に導けなかったという悔しさ。

試合を終え、三宅に話を聞いた。

 

試合日程・結果はこちら

もっと得点のチャンスを広げられる選手になりたい

──ゴールシーンを振り返って。

シュートを打ってそのこぼれ球をというのはイメージしていたんですが、体が勝手に動いて、いいところに来たなという感じでした。

──そのゴールへの嗅覚というか、「勝手に」という感覚をもう少し言語化すると?

うーん、難しいですね……なんだろう。ここのスペースに立っていれば、こぼれてくるだろうなって。「この辺りかなあ」っていう感覚でしかないかもしれないです。

──大会4ゴールで得点王という結果を収めた、今の気持ちは?

個人として得点王を取れことはもちろんうれしいですが、できることならもう1点とって、一人だけで受賞して優勝したかったなという気持ちです。ただ、ここで一喜一憂せず、またコツコツやっていかなきゃと感じています。

──改めてこのFリーグの質や強度を感じてみて、リーグを1年間戦うためにどんなことを意識したい?

開幕戦はすごく大事になってくると思うので、そこでいいスタートを切ること。あとは僕自身が怪我なく1年をとおして活躍して、最後は優勝を決められるように。今日は何もできなかったので、自分がゴールを奪ってチームを勝たせられるような選手になりたいです。

──町田は現状、パワープレーの守備時のメンバーが固定されています。今日も最後はピッチに立てない時間が続き、歯痒かったのでは?

そうですね。今日は少しだけパワープレーディフェンスをやらせてもらえましたが、経験もないですし難しいなという心象だったのですが、出れるようになればパワープレー返しを決めることもできるのでこの1年で成長して、そこでももっと得点のチャンスを広げられる選手になりたいです。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼