SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.10.14

【U-19日本代表/WEB取材】「得意なプレーでは負けていない」金澤空が同世代のトップレベルの選手と対戦して感じた手応え

PHOTO BYSAL編集部

10月12日から14日に千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行うU-19フットサル日本代表候補のトレーニングキャンプ。合宿最終日には立川・府中アスレティックFCと3本のトレーニングマッチが行われ、3戦合計で6-9という結果に終わった。

所属元である立川・府中との試合では、スターティングメンバーに名を連ねた金澤空。世代別の代表に選ばれ、 FC町田ゼルビアユースでと共にプレーしていた甲斐稜人とも再開を果たした。金澤はこの3日間、どのような時間を過ごし、何を吸収したのか。

練習試合を終えた直後の金澤にオンラインでの取材が行われた。

■スターティングメンバー
#1 成田宇弘
#6 毛利元亮
#13 甲斐稜人
#14 倉科亮佑
#20 金澤空

■第1ピリオド
1分 失点
3分 失点
7分 毛利元亮
13分 黒田智暉
18分 失点
19分 オウンゴール
1st 終了 3-3

■第2ピリオド
3分 失点
5分 失点
10分 倉科亮佑
19分 毛利元亮
2nd 終了 5-5

■第3ピリオド
7分 失点
10分 失点
16分 失点
19分 黒田智暉
19分 失点
試合終了 6-9

立川・府中には勝ちたかった

──3日間のキャンプを終えて。

木暮監督が求めていることを、3日間の短い期間でしたが、今日の試合では何度か出せた場面がありました。攻撃では、練習していた「ボランチ」や「ラインカット」の動きは出せました。

──Fリーグでは、出番があったりなかったり、メンバー争いをしている状況です。その争いをしている立川・府中アスレティックFCとの対戦を終え、具体的に出場機会をつかむための手応えも見えたのでは?

スピードでは、チームのなかの誰にも負けていないと思っています。今日も縦に何度も突破して、それが得点にもつながりました。特徴をうまく出して、チームでも出場機会を掴んでいきたいです。

──チームメートとは活動前に話をしましたか?

合宿前には、絶対負けないぞと、上村(充哉)選手や酒井(遼太郎)選手から言われていました。なので、本当は勝ちたかったですね……。

──立川・府中には、U-20代表アジア選手権に出場した先輩の内田隼太選手もいます。今、Fリーグで大きな存在感を出している内田選手には日頃からどんなことを思っていますか?

隼太くんとは、練習の後にいつも1対1をしているのですが、その場面で抜き切ってゴールにつなげることができないと、やはり代表には残っていけないと思っています。毎回のFリーグでも仕掛けているし、そこは負けたくないです。

──立川・府中には代表経験豊富なベテランも多いですが、何かアドバイスをもらいましたか?

具体的なことより、お前の特徴を思い切って出してこいと言われました。

──ようやくU-19が始動しましたが、代表活動に対してはどんな意識ですか?

同世代のトップレベルの選手と一緒にやれたことで、自分が通用すること、得意なプレーでは負けていないと感じました。あとは、初めて一緒にトレーニングをしましたが2日間でも、合わせることが何度かできました。そういう意味でも(チームメートの)すごさを感じています。

──FC町田ゼルビアユースでも一緒だった甲斐稜人選手もいます。

久しぶりに稜人とプレーしましたが、相変わらずうるさいなって(笑)。中学生の頃から、ボールを要求する声がうるさかったので。でも、久しぶりに一緒にプレーできて楽しかったです。

──彼の成長も感じますか?

稜人は試合にもバリバリ出ていますし、常に自信を持って仕掛けてシュートまでいくと感じました。

──年下の選手を含めて、ピヴォの選手との連係はどうでしたか?

ピヴォとのつながりでは、練習でもそれ以外の時間でも話をしてきました。3回の練習と試合中も、何度かうまく意図を合わせてパスを出せたので良かったと思います。


【初日トレーニング前インタビュー】

・「19歳は決して若くはない。1日でも早くA代表にたどり着いてほしい」木暮賢一郎監督

【2日目午前トレーニング後インタビュー】

・「前回よりは全体的にコミュニケーションが取れている」井口凜太郎

・「ここに15歳でも立てるということをいろいろな人に伝えていけたらもっと下から突き上がっていく」柴山圭吾。

・「しっかり結果を出してチームに還元したい」黒田智暉

【3日目練習試合後インタビュー】

・「A代表に入ることや、世界と戦う活動の第一歩だと伝えている」木暮賢一郎監督

・「今回は自分が引っ張っていかないといけない」毛利元亮

・「得意なプレーでは負けていない」金澤空

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

Close Bitnami banner
Bitnami