SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.10.14

【U-19日本代表/WEB取材】「今回は自分が引っ張っていかないといけない」自身2度目のU-19日本代表へ向けた毛利元亮の決意

PHOTO BYSAL編集部

10月12日から14日に千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで行うU-19フットサル日本代表候補のトレーニングキャンプ。合宿最終日には立川・府中アスレティックFCと3本のトレーニングマッチが行われ、3戦合計で6-9という結果に終わった。

60分のうち、2ゴールを決めたペスカドーラ町田所属の毛利元亮。井口凜太郎と共に2度目となるU-19代表活動に参加する毛利は、今度はチームを引っ張っていく立場になりどんな意気込みで代表活動に臨んでいるのか。

この3日間の活動を振り返ってもらうとともにU-19日本代表への想いに迫った。

トレーニングマッチの概要は以下のとおり

■スターティングメンバー
#1 成田宇弘
#6 毛利元亮
#13 甲斐稜人
#14 倉科亮佑
#20 金澤空

■第1ピリオド
1分 失点
3分 失点
7分 毛利元亮
13分 黒田智暉
18分 失点
19分 オウンゴール
1st 終了 3-3

■第2ピリオド
3分 失点
5分 失点
10分 倉科亮佑
19分 毛利元亮
2nd 終了 5-5

■第3ピリオド
7分 失点
10分 失点
16分 失点
19分 黒田智暉
19分 失点
試合終了 6-9

自分も海外でプレーしたい思いが強くある

──3日間のキャンプを終えて。

個人としては、チーム事情で(ペスカドーラ町田での)練習ができていないなかだったので、序盤は思うようなプレーができず、なかなかフラストレーションもたまっていました。ですが、今日の試合に向けて上げていけました。

──前回大会は直前の負傷で離脱してしまいましたが、今回、井口凜太郎選手と共に前回を知る選手の選出となりました。自分のなかではどのように捉えていますか?

前回は自分がいないなかで先輩たちが優勝していますし、僕たちが必ず連覇しないといけないと思っています。それは個人としても、チームとしても。前回は先輩に引っ張ってもらいましたが、今回は自分が引っ張っていかないといけないと思っています。その意味で、まだコミュニケーションの機会は多くないですが、積極的にみんなと関わり、前回の経験も踏まえて、より後輩の立場の選手と話をするようにしました。

──今回のチームはどんな雰囲気ですか?

みんな仲がいいです。特に、固まってしまうわけではなく、いろんな人と絡んでいますね。

──木暮監督はピヴォを多く呼んでいます。自分のパフォーマンスはいかがでしたか?

目指しているところとはほど遠いですが、ピヴォというよりも、セットプレーやカウンター、木暮監督からも言われていた、得意とする前からのプレスでボールを奪うことができました。ピヴォとして以外のところでは、今回はしっかりできたと思います。

──フットサル経験者が多いメンバーですし、前回よりも相互理解が高い?

木暮監督からは(チームのプレーモデルや攻守すべての原則が記載されている)プレーブックを渡してもらいましたし、その大半をある程度は理解できています。練習では、4人組のセットを固定していて、試合では流れのなかで組み替えがあったのですが、そこでもある程度理解している選手が多い印象でした。

──このメンバーでアジアの頂点を目指すという思いは。

ピヴォだけで言えば、僕よりもみんな年下で、同じセットには同い年が多いですが、自分が引っ張っていきたいという思いがあります。前回の本大会に出場できなかった思いがあるので、必ず取らないといけないと思っています。

──年齢的には、前回も出場した大澤雅士選手も入ってくる可能性があります。スペインの強豪・エルポソでプレーしている彼に刺激を受けることもありますか?

自分も海外でプレーしたい思いが強くあり、雅士には先を行かれたという気持ちがあります。でも、環境ではなく、自分の意識で変えられると思う。コロナの状況で難しいところもありますが、今の置かれている環境のなかで自分が最大限に力をつけることを考えて。彼からはいい刺激をもらっています。

──高円宮記念JFA夢フィールドを初めて使ってみて、こうした恵まれた環境をアンダーカテゴリーから使えることに対しては?

今回、初めて使わせてもらいましたが、驚くほどキレイで、ボールが滑るし、足は止まるという、一番最強の環境でできていることがうれしいです。でも自分たちはU-20世代なので、もっとここでやりたい。A代表でもっと呼ばれる選手になりたいという気持ちが強くなりました。


【初日トレーニング前インタビュー】

・「19歳は決して若くはない。1日でも早くA代表にたどり着いてほしい」木暮賢一郎監督

【2日目午前トレーニング後インタビュー】

・「前回よりは全体的にコミュニケーションが取れている」井口凜太郎

・「ここに15歳でも立てるということをいろいろな人に伝えていけたらもっと下から突き上がっていく」柴山圭吾。

・「しっかり結果を出してチームに還元したい」黒田智暉

【3日目練習試合後インタビュー】

・「A代表に入ることや、世界と戦う活動の第一歩だと伝えている」木暮賢一郎監督

・「今回は自分が引っ張っていかないといけない」毛利元亮

・「得意なプレーでは負けていない」金澤空

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

Close Bitnami banner
Bitnami