SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.10.28

【日本代表/WEB取材】クラブチームに2連敗。ブルーノ監督はこの結果に何を思うか。「ハイパーモチベートされた状態で来てくれる相手に打ち勝つメンタルが必要」

PHOTO BYSAL編集部

日本代表は28日、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでY.S.C.C.横浜とトレーニングマッチを行い、一時2点リードするが逆転され2-3で敗戦。バルドラール浦安戦に続いてクラブチームに連敗を喫してしまった。

トレーニングマッチとはいえ、クラブチーム連敗してしまったことでブルーノ・ガルシア監督はこの結果についてどのように感じているのだろうか。試合後、ブルーノ監督がオンライン上に集まった記者たちの質問に答えた。

♦︎試合内容はこちら

負けをどのように消化するか

──Y.S.C.C.横浜とのトレーングマッチを振り返って。

まずこういう状況下で協力してくださっている、対戦相手のY.S.C.C.横浜さんも、それ以外の関係各所、そのほかのクラブの皆さんのサポートで初めて活動できるので感謝申し上げたいと思います。

ゲームは、前回の浦安との試合と比べて良くなった場面は数多くありました。2-0まではコントとロールして、なめらかさがありました。ですが、逆転されたところは大きな改善点があり、そこに向き合っていかないといけません。2失点は単発の攻撃をくらい、最後はオウンゴール。ですが、そこまでのところに改善があるという示唆がありました。

戦術的なところはもちろんですが、今の時期は心理面が大事だという認識があります。当初のプランニングから、4回、5回と開催時期の変更があり、(選手のコンディションを良い状態に持っていく)キーピングということでも逆風が吹いています。ですが、私たちの存在意義は変わらないと理解していますし、選手にも同じ理解があると思っています。そこの意識を忘れずに、状況にアダプトして進ことが必要です。自分も長く、選手や監督としてやってきている経験のなか、勝利から獲得したこともたくさんある一方で、負けをどのように消化するかによって、次のステップ、成長があるという体験をしてきています。その捉え方で、引き続きの向上を求めていきたいと思っています。

──終盤に負傷交代した吉川智貴選手の状態は?

非常に心配しています。あのように、ゲームに復帰できないようなアクシンデントがあったので我々も心配しています。ここでお話できる情報はまだないのですが、程度の低い負傷であることを祈っています。

──前回のバルドラール浦安戦に続いての連敗。選手のメンタル面の心配もあるのでは?

当然、(クラブチームに連敗している)状況を理解していますし、クリアに整理できています。ゲームには、戦術面と心理面の戦いがあります。浦安も横浜も高いモチベーションでゲームに臨んできています。通常、クラブチームとのトレーニングマッチはしてきてないですが、強化策として協力をお願いして、高いレベルのゲームができています。ハイパーモチベートされた状態で来てくれる相手に打ち勝つメンタルが必要ですし、2回のチャレンジをさせてもらっていることには感謝しています。そこで自分たちのパフォーマンスを出すことと、トレーニングと並行していくための声がけが必要だと思っています。

戦術ではクラブチームのようなファミリー感のなかで活動できていますが、3日間の練習で十分な連係をとることが毎回の課題としてあります。こうした機会を通して、何をすべきかが浮き彫りになっていますから、勝敗ということではポジティブではないですが、代表チームとして大きな強化の機会となっています。

──今回の内田隼太選手のように、不測の事態で追加メンバーが入ったとしても、誰が入っても同じように戦えるチームを目指しているという点では、現状での完成度、満足度は?

戦略やチームづくりは進んでいますし、内田隼太選手を例にすると、このなかに入ってきても、代表チームを支えるメンバーとだという理解をして、日頃から準備や取り組みをしてくれていると感じています。

こうしたご時世ですから、今後もどのような計画変更があるかもわかりません。もともと、若いチームという認識はないですが、中核となっている主力層も時間の経過とともに(パフォーマンスが変化するので)、チーム力を落とさずに準備する必要があります。

今のところの準備はかなりできていますが、大会時期が見えていないので、メンバーの枠を広げたり、絞り込むという調整も必要です。最終的なメンバーは14名ですが、大きな輪の中で共有できているメソッド、ゲームモデルを体現できる方針が習慣化していますから、一定の成果が出ていると思っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami