SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.05.05

F1は6月5日、F2は5月22日に開幕!全18チームの監督&キャプテンがリモートキックオフカンファレンスで意気込み|Fリーグ2021-2022

PHOTO BYFリーグ

日本フットサルリーグ(Fリーグ)はフットサルの日である5月5日(水・祝)、Fリーグ2021-2022リモートキックオフカンファレンスを実施した。Fリーグ全18チームの監督、キャプテンが新シーズン開幕に向けた意気込みを口にしている。

COO挨拶

福村景樹COO

「キックオフカンファレンス開催にあたり、新型コロナウイルスの感染症の対応にあたる医療従事者の方々に感謝を申し上げます。また、Fリーグ支援していただいているスポンサー、パートナー、応援してくださるファン、サポーターに御礼と感謝を申し上げます」

「今季はF1の開幕が6月5日土曜日、F2は5月22日の土曜日を予定しており、詳細は順次公開していきます。感染対策として、前季に引き続き、選手や監督、関係者に対して健康管理システムであるスマートヘルスマネージャーを活用していきます。観客の皆様の安心・安全を守るため、会場での感染対策を徹底していきます」

リーグ概要説明

F1監督選手コメント一覧

バルドラール浦安vs湘南ベルマーレ

小宮山友祐監督(バルドラール浦安)
「今シーズンは優勝を目指して頑張っていきたい。開幕戦は我々が絶対に勝ちます」

長坂拓海(バルドラール浦安)
「優勝を目指すなかで、目の前の練習や試合を100%でやっていくことが大事になると思っています」

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)
「湘南らしく40分間ハードワークして必ず勝ちます。そして、久光重貴と一緒に戦いたいと思います」

上原拓也(湘南ベルマーレ)
「今季もキャプテンとして、自分自身覚悟を持って戦います。応援してくれる3市8町の皆さんに笑顔を届けられるように精一杯戦います」

立川・府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田

比嘉リカルド監督(立川・府中アスレティックFC)
「僕が監督になって10年が経ちました。その間に、2回の準優勝、2回の3位。今回は優勝を目指して頑張ります」

上村充哉(立川・府中アスレティックFC)
「今季は安定して勝ち点を積み重ねていけるように、いいスタートダッシュができるように頑張ります。個人としては点を決めます」

ルイス・ベルナット監督(ペスカドーラ町田)
「多くの代表選手を輩出できていることを嬉しく思っています。今季の目標は、やってきたベースに新しいエッセンスを加え、新しく進化した形に取り組んでいきたいと思います」

金山友紀(ペスカドーラ町田)
「こうした状況下でフットサルができることが当たり前ではないですし、感謝の気持ちを持ってプレーしないといけません。そして若い選手が多いので、技術的なところよりも精神的なところでいろいろなことを伝えていきたいと思います」

バサジィ大分vsY.S.C.C.横浜

伊藤雅範監督(バサジィ大分)
「いろんな方から期待してもらっているので、それに応えられるように準備していきたいです。準備は2つ。戦術でより細かいところを追求すること。2つ目は強みを明確にしていく。戦えて走れるチームをもう一度作ることをみんなで意識しています」

吉田圭吾(バサジィ大分)
「(経験豊富な選手も入りましたが)まず練習中の取り組みはもちろん、練習前後の立ち振る舞いは若い選手に刺激になっています。僕自身は、個人的には15点をとります」

前田佳宏監督(Y.S.C.C.横浜)
「昨季は最終戦で最下位を脱出。昨季の悔しさを忘れていません。今季は圧倒的な成長を見せ、ファン、サポーター、リーグのみなさま、そして自分たちが期待できるシーズンにしたい。私たちの夢中な顔に注目してください」

宿本諒太(Y.S.C.C.横浜)
「僕自身は、昨季を上回るために、去年よりさらにチームが若くなったので、ピッチ外でも模範となれるように取り組んでいます」

ボアルース長野vsフウガドールすみだ

横澤直樹監督(ボアルース長野)
「昨季は、手応えを感じましたし、今季につなげていきたいです。今季の注目ポイントは、最下位を脱出するところです。弱いチームと呼ばれていますが、弱者なりに目標を持って挑戦していますし、昨季は念願の初勝利を見せ、弱いチームでも感動を共有できたので、感謝の気持ちを持って参加させていただきます」

有江哲平(ボアルース長野)
「昨季は初勝利できたことで自信につながりましたし、成長も感じています。今季はチーム目標のF1定着に向けて戦います」

荻窪孝監督(フウガドールすみだ)
「監督と呼ばれるのはまだ慣れていません(笑)。新チームは、今季はクラブの理念でもある切り替え0秒、一体感、進化をピッチの中でも外でも体現したい。サポーター、スポンサーの皆さんと1試合でも多く、勝って、喜びを分かち合いたいです」

田口元気(フウガドールすみだ)
「新監督とは選手時代に一緒にプレーしたこともあるので、ピッチ内の現象を、フランクにディスカッションできます。今季の目標は、チームとしては、3位以上を目指して新生・荻窪監督と頑張ります。個人的にはスコアラーだったガリンシャが退団して、誰が点を取るのかというところがあるので、チームのトップスコアラーになれるようにやっていきます」

シュライカー大阪vsエスポラーダ北海道

永井義文監督(シュライカー大阪)
「ここまでいい準備ができています。コロナの影響がどこまで出るかわからないですが、ファン・サポーターの皆様と一体となって勝ち点を積み重ねたいと思います」

齋藤日向(シュライカー大阪)
「ホームゲームなのでしっかり勝っていいスタートを切りたい。応援してくださる方と元気・勇気・感動を共有できるように。今季はより得点に絡むプレーを増やしたいので、得点シーンに注目してください」

金井一哉監督(エスポラーダ北海道)
「昨季から取り組んでいるものをベースに更なるレベルアップを目指します。室田(祐希)の復帰で攻撃のバリエーションも多彩になるので、見ているお客さんが楽しめるフットサルで上位を目指して頑張ります」

水上玄太(エスポラーダ北海道)
「(開幕戦男として)今年もゴールをとって、今年こそ開幕戦で勝ちたいと思います。残り8試合で400試合、そこは目標ではなく通過点としてチームに貢献できるように頑張りたいです。個人的には、北海道で昨季、三浦憂選手にトップスコアラーを取られてしまったので、室田もいるし、他にも点を取れる選手がいるので、負けないように点をとっていきたいと思います」

ボルクバレット北九州vs名古屋オーシャンズ

馬場源徳監督(ボルクバレット北九州)
「F1で2年目、チャレンジャーの姿勢を忘れず、1試合をファイナルのように捉えて戦うことが全てです。去年のベースに、より勇敢に、喜びを共有できるようなフットサルを体現したいです」

小島義瑛(ボルクバレット北九州)
「昨季、一番最後の試合だった、オーシャンズと試合ができる。相手に関係なく、僕らは監督の下でビジョンを持ってボルクらしいフットサルをするだけです。お客さんに見てもらい、フットサルが楽しいと思ってもらえるように。ボルクらしいフットサルは、全員がハードワークして、前プレで守備から入り、バリエーションのある攻撃につなげるところ。練習から取り組んでいる形を見せたいです」

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)
「就任してから3年目になります。1、2年目は、いいところも悪いところもたくさんありましたが、全く違う内容、状況でいい経験ができたと思っています。3年目はその経験を踏まえて、反省を踏まえ、よりブラッシュアップしたチームに仕上げて、開幕でも出していけたらと思います」

篠田龍馬(名古屋オーシャンズ)
「単純に失点しなければ負けることはないので、最小失点で勝ち切ることを責任感を持って取り組みたいと思います。フエンテス3年目なので、より洗練された、完成度の高いいいフットサルをお見せできると思います」

【次ページ】F2監督選手コメント一覧

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami