SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.09.15

【アンゴラ戦速報レポート】アルトゥール4発! 乱打戦を制して勝ち点3をゲット

PHOTO BYFIFA/Getty Images

日本にとって9年ぶりの世界の舞台が、ついに始まった。

14日、FIFAフットサルワールドカップ リトアニア 2021のグループステージ第1節のアンゴラ戦がクライペダアリーナで行われ、8-4で日本が勝利した。


FIFA フットサル ワールドカップ 2021
J SPORTSオンデマンドで全試合LIVE配信!


重要な初戦の勝利を引き寄せたアルトゥールの4発

試合は、日本のボールでキックオフ。開始8秒、日本がすぐさま相手陣地でキックインを得ると、逸見勝利ラファエルが右足を振り抜く。逸見のシュートはアンゴラのGK・ゴミトに止められたが、幸先の良い滑り出しを見せる。

3分、オリベイラ・アルトゥールが強烈なボレーシュートを放ったが相手GKのセーブに遭う。こぼれ球に星翔太が詰めたが連続で止められ、先制点を奪えない。直後の4分にも日本にチャンスが訪れた。逸見が星翔太と前線で連動したプレスをかけ、ボールをカット。こぼれたボールに反応した吉川智貴がシュートを打ったがこれもゴミトに止められてしまう。

その後も日本が主導権を握り押し込む展開が続くが、相手GKに阻まれ続ける。8分、加藤未渚実が自陣左サイドから対角へロングパス。抜け出した毛利元亮が放ったシュートは、ポストに当たってゴールラインを割る。ゴールこそ決まらないものの、依然として日本が押し込んでいく。

直後の9分、日本にビッグチャンスが訪れた。加藤がミドルシュートを打ち、相手GKが止めたこぼれ球に毛利が反応。しかしシュートはバーをたたき、ボールは手前に跳ね返ってノーゴール。

スコアレスの展開が続いたが、ゴールが決まるのは時間の問題だった。13分、日本が高い位置でキックインを得ると、ボールを受けたアルトゥールがミドルを放つ。このシュートは相手の股を抜け、ゴールニア下に突き刺さった。

日本の今大会初ゴールが生まれた興奮がさめやらないなか、追加点が14分に決まる。中央の室田祐希が相手に詰められながらテクニカルな足裏パス。これを受けた左サイドの星翔太が突破してループシュート。これはバーに当たったが、ファーに走り込んだ室田が詰め、2点のリードに成功した。

19分、自陣ゴール付近でボールを奪われ、1点を返されてしまう。しかし残り1秒、アルトゥールがペナルティエリア付近でFKを獲得。角度は難しく、壁もあるなかでのFKだったが、アルトゥールが狙い澄ましたシュートをゴール上へ突き刺し、第1ピリオドを3-1で終えた。

2点リードで迎えた第2ピリオドだったが、20秒に自陣でキックインの機会をを与えてしまう。マノセレに蹴られたシュート性のパスは、ファーのグガに体で押し込まれ1点を返される。

早々に1点を決められた日本だったが23分、日本に追加点が生まれる。左サイドでCKを得ると、吉川のロブパスをアルトゥールが沈めハットトリック。スコアを4-2とした。

再び2点のリードとした日本だったが24分、星龍太のオウンゴールによって4-3に。しかし25分、その星龍太が星翔太のラストパスをダイレクトで蹴り込み5-3。兄弟ホットラインから自らのゴールでオウンゴールを返上した。さらに同じく25分に西谷良介の追加点が決まり3点差とする。

しかし29分、アンゴラのカルアンダにゴール前でボールを奪われるとそのままシュートを蹴り込まれ失点。点差を2点に詰められる。

その後アンゴラにパワープレーを仕掛けられるが、37分にアルトゥールがパワープレー返を冷静に決めて7-4に。アルトゥールはこのゴールがW杯4点目。ブラジル代表のフェラオと並んで得点ランキング暫定首位に立った。

試合終盤、日本は3点のリードを守るため、アンゴラのパワープレーを耐え凌いでいると、残り3秒、関口優志のロングスローをゴール前の星翔太が流し込んで最終スコアは8-4。

最も重要とされていた初戦を4点差で日本は制し、上々の滑り出しとなった。

【9月14日】2:00KO(日本時間)
<W杯GS第1節結果>
日本 8(3-1)4 アンゴラ

<得点者>
13′ 1-0 🇯🇵アルトゥール
14′ 2-0 🇯🇵室田祐希
19′ 2-1 🇦🇴グガ
20′ 3-1 🇯🇵アルトゥール
23′ 3-2 🇦🇴グガ
23′ 4-2 🇯🇵アルトゥール
24′ 4-3 🇦🇴OG
25′ 5-3 🇯🇵星龍太
25′ 6-3 🇯🇵西谷良介
29′ 6-4 🇦🇴カルアンダ
37′ 7-4 🇯🇵アルトゥール
40′ 8-4 🇯🇵星翔太

日本代表&W杯特集

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami