SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.10.23

ブルーノ・ジャパンの真実|AFTER LITHUANIA 2020+1

PHOTO BYFIFA/Getty Images

FIFAフットサルワールドカップを戦った日本代表。

ブルーノ・ガルシア監督と共に築き上げた4年+1年の成果を、存分に見せつけた。

「主役たる戦いを披露する」

大会前、目標を問われたスペイン人指揮官は、そう答えた。

グループステージ突破でも、ベスト8でも、もちろん優勝でもなく。

捉えどころの難しい言葉を選んだのは、自信がないことのあらわれ、ではなかった。

スペインやブラジル、世界トップ2を相手に見せた戦いは、見る者を奮い立たせた。

選手たちはみな、日本を背負って戦う誇りと覚悟を、ピッチで示した。

だが──。

ラウンド16敗退。9年前に出場した2012年と同じ成績で大会を去った。

この結果を、どう受け止めるべきなのか。日本は世界に近づいたのか。

そして彼らは、W杯の主役だったのか。

ブルーノ監督は敗退翌日、堂々とこう答えた。

「主役となるに値するW杯だった」と。

大会を終えた今だからこそ、語れる言葉がある。

選手はなにを、感じたのか。

今、その本音に迫る──。

取材・構成=渡邉知晃、本田好伸、高田宗太郎


西谷良介|名古屋オーシャンズ
“Fリーグ世代”の最高傑作・西谷良介。世界を驚嘆させたW杯で流した、涙の成分。
Interview by 渡邉知晃

ピレス・イゴール|ペスカドーラ町田
「もう一度W杯に出る」。41歳の守護神が代表引退を撤回して、再挑戦を宣言
Interview by 渡邉知晃

皆本晃|立川・府中アスレティックFC【2月14日掲載】
Interview by 渡邉知晃
正直帰りたかった皆本晃が卵ではなくベーコンになった、W杯の光と影の話

星龍太|名古屋オーシャンズ【2月21日掲載】
Interview by 渡邉知晃
弟・星龍太は代表常連にアラズ。世界との戦いで気づいた日本人選手の未来

星翔太|名古屋オーシャンズ【2月28日掲載】
Interview by 渡邉知晃
日本代表と共に歩んだ星翔太のフットサル人生。未来へつなぐ言葉

清水和也|コルドバ・パトリモニ【3月7日掲載】
Interview by 渡邉知晃
「僕はパラグアイ戦の戦犯だと思っている」。清水和也が抱くエースの自覚とW杯の後悔

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami