SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.14

【日本代表/WEB取材】Fリーグデビューから半年で代表入りの高橋響。「いろんな形を教えてもらうことで発見や学びがある」

PHOTO BY高橋学,JFA

フットサル日本代表は14日、高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプの2日目を実施。木暮賢一郎新監督の下で初めての活動がスタートしている。

Y.S.C.C.横浜の高橋響は今シーズン、Fリーグデビュー。しかしキャリアを辿れば帝京長岡高校の出身。フットサルにも精通しているチームにルーツがあることが今の飛躍に繋がっている。同級生の石田健太郎がFリーグでプレーする姿をずっと見続け、同じく同級生の小林拓夢に誘いを受けて決断したフットサル選手という選択。そしてここまでの半年、何を感じながらプレーしているのだろうか。2日目の午前練習終了後、オンライン取材で聞いた。


【関連記事】


高校時代にボールを大切にするというコンセプトで練習していた

高橋響(Y.S.C.C.横浜)

──ここまでの2セッションを終えてどうですか?

自分のチームとは異なり、初めて一緒にプレーする選手も多いので、そこのコミュニケーションの難しさ、逆に楽しさを味わえて、いい2日間を過ごせています。

──帝京長岡高校時代はフットサルの全国大会にも出場しましたが、神奈川大、東邦チタニウムとサッカーを続けてきました。どうしてフットサルに転向を決めたのでしょうか?

横浜には同じ帝京長岡出身の小林拓夢と安井嶺芽がいるのですが、小林と食事をしながら話をしていて、「楽しくやっている」という話から「練習に来てみたら?」と声をかけてもらいました。それで練習に参加させてもらい、「面白いな」というところから加入しました。

──その後、代表までの道のりが早かったですね。

小中高とフットサルをしてきましたが、やはりサッカーとは違う部分だったり、オフ・ザ・ボールが多いスポーツなので、その難しさがまだまだ自分には足りていないと思っていたので、こうして選ばれてうれしいですけど、得るものが多い。プラスとなる合宿にしたいです。

──小林選手よりも先に日本代表へ。何か言われましたか?

いえ、そこは特に(笑)。「頑張ってこいよ」「いいところを吸収して持って帰ってきてよ」という言葉をもらいました。

──浦安の石田健太郎選手も、帝京長岡時代の同級生です。彼は先にフットサルで頭角を表してきましたが、その活躍は刺激になったりしましたか?

健太郎のことはずっと見ていました。フットサルを初めてからも、僕が自分のプレーの動画を送って、「どうしたらいいかな」と聞いたりしています。今回も「頑張ってこい」とメッセージをもらいました。

──帝京長岡出身選手が活躍しています。改めて高校時代の経験が生きていますか?

止める・蹴るの基礎技術や2人組の関係ですね。高校時代にボールを大切にするというコンセプトで練習していたので、やってきたことが生きていると感じています。

──同じ帝京長岡の後輩の齋藤日向とは何か話をしましたか?

もうずっと、会うたびに話をして、いじっています(笑)。でも、代表でこうして会うことができ、味方として蹴ることが新鮮で、うれしさがあります。健太郎とかも、今はケガをしていますが、一緒に蹴りたい気持ちがあります。

形やパターンは多いと思います。僕としては、自分はこうしたいというより、いろんな形を教えてもらうことでいろんな発見や学びがあり、それを吸収できるのでプラスになります。相手を見て判断する部分は、僕はまだ足りていないですし、アルトゥール選手を参考にしています。少しずつ吸収できるように意識しています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami