SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.30

1月7日の横浜vs北海道の開催延期が決定。隔離期間明けから試合日までが短いことから選手のコンディションを考慮

PHOTO BY高橋学

29日、日本フットサルリーグ(Fリーグ)は、2022年1月7日(金)に開催予定のFリーグ2021-2022 ディビジョン1 第21節 Y.S.C.C.横浜 vs エスポラーダ北海道について、開催延期を決定したことを発表した。

選手のコンディションを考慮

リリースによると、横浜は、新型コロナウイルス感染症の検査で選手から陽性反応が確認され、他選手・関係者も濃厚接触者と判断されているため、隔離期間明けから開催日までの期間が短いことから選手のコンディションを考慮し、開催を延期を決定した。

代替日については決定次第発表されるそうだ。

リーグからのリリースは以下のとおり

【開催延期のお知らせ】第21節 横浜 vs 北海道(Fリーグ2021-2022 ディビジョン1)

日本フットサルリーグ(Fリーグ)は、2022年1月7日(金)に開催予定のFリーグ2021-2022 ディビジョン1 第21節 Y.S.C.C.横浜 vs エスポラーダ北海道(19:30キックオフ/横浜武道館)について、開催延期を決定しましたので、お知らせ致します。
横浜は、新型コロナウイルス感染症の検査で選手から陽性反応が確認され、他選手・関係者も濃厚接触者と判断されている為、隔離期間明けから開催日までの期間が短いことから選手のコンディションを考慮し、開催を延期することと致しました。
なお、当該試合の代替日については決定次第お知らせいたします。ファン・サポーターの皆様におかれましては、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【開催延期となった試合】
Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 第21節
Y.S.C.C.横浜 vs エスポラーダ北海道
2022年1月7日(金)19:30キックオフ
@横浜武道館

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami