SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.05.09

欧州王者・バルサにまたもゴール!清水和也が角度のない位置から突き刺す

PHOTO BYFIFA/Getty Images

日本時間8日、スペインの1部リーグ所属のコルドバ・パトリモニでプレーする清水和也が、第26節バルセロナ戦で1ゴール。チームは2-2で引き分けた。

バルサは先週、欧州王者になったばかり

対戦相手のバルセロナは、先週行われたUEFAフットサルチャンピオンズリーグで欧州制覇を果たしたクラブ。そんなバルセロナを相手に、清水は戦った。

ゴールが生まれたのは、1-2で迎えた第2ピリオド31分。コート左奥で味方からのロングボールを受けると、正確に処理。角度のないシュートコースだったが、相手GKの股を抜く見事なシュートでゴールネットを揺らした。

■コルドバvsバルセロナ 試合ハイライト(コルドバ公式Twitterより)

清水のゴールが決まり2-2になると、その後はスコアが動かず試合終了。コルドバは欧州王者であり、リーグ首位のバルセロナから勝ち点1を獲得した。

ゴールを決めた清水は昨年12月に対戦した際も、バルセロナからゴールを奪っている。なにより、2020年に決めたバルセロナ戦でのゴールはそのシーズンのリーグベストゴールに選ばれるほどのインパクトで、その清水がまたもバルセロナに嫌な印象を与えた。

コルドバは現在、勝ち点を「34」に伸ばしてリーグ10位。上位8チームが参加するプレーオフ進出を目指している。そのためにも、日本人ストライカーの活躍が今後も期待される。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami