SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.05.13

【独占インタビュー】松田町初のFリーガーとして。ロンドリーナからついにトップ昇格を果たした山崎歩夢の「責任と覚悟」

PHOTO BY川嶋正隆

湘南ベルマーレは12日、2019/2020シーズンに向けたキックオフパーティーを実施した。

今シーズンの湘南ベルマーレは新加入のマルロンに加えて、下部組織であるロンドリーナから2選手の昇格を発表した。その1人である山崎歩夢は松田町初のFリーガー。町を上げての大きな期待を背負って臨むFリーグの舞台に向けて、どのような思いを抱いているのだろうか。

日本一になるためにやれることをやる

──いよいよトップチームに昇格しFリーグの舞台に立ちますが、今の心境は?

とても緊張しています。

──ペスカドーラ町田とのトレーニングマッチは、トップチームのデビュー戦だったと思いますが、堂々とプレーされていました。

緊張していましたよ。やっぱり関東リーグレベルとは全く違って、高いレベルでの試合でした。そういう舞台でしっかりと出場機会を勝ち取って、さらに活躍したいと思っています。

──緊張もするとは思いますが、ここまで着実にステップアップしてきて楽しみな部分もあるのでは?

それもあります。たくさんの方々にプレーを見てもらえる機会はそんなにありません。そういう意味で、楽しみですね。

──おそらく昨年のキックオフパーティーはロンドリーナの選手として、舞台袖からトップチームの選手たちを見ていたと思います。今は、逆で自分が舞台に立っている状況ですが。

不思議な感じがしています。確かに去年は舞台の下から見ていた場所に、今は僕が立っています。それが不思議で、でも責任を持ってプレーだったり生活だったりを送らなければいけないなと感じています。

──去年はどういう気持ちでトップチームの選手たちを見ていましたか?

あの場所にたどり着くことが目標だと思っていましたし、絶対に昇格してやるという気持ちは常に持っていました。今年からトップチームに上がることができて、良かったと思っています。

──キックオフパーティーの挨拶でもありましたが、松田町で初のFリーガーということですが。

そういう面でのプレッシャーもありますね(笑)。だからこそしっかりと責任と覚悟を持って、松田町に恥じないように頑張っていきたいと思います。生まれ育った場所ですからね。

──トップチームではどんなプレーを見せていきたいですか?

スピードとドリブルが武器なので、そこに加えて点を獲りたいと思っています。

──具体的な数字の目標は?

数字の目標は決めていませんが、一番はチームが日本一になることです。そのためにやれること、自分が持っている力をチームに還元できればと思います。

──湘南はロンドリーナから昇格する選手が多いですよね。昨年で言えば高橋広大選手もそうですし、山﨑選手と一緒に昇格した飯田千馬選手もそうです。ロンドリーナで共に戦ってきた彼らとは仲が良いですか?

高橋選手とはよく話しますね。スクールを一緒に教えているので、一緒にいる時間が長くて色々話しています。フットサルの話しかしませんね(笑)。チームの中で一番仲良しですね。

──仲良しが魅力でもある湘南ですが、今季は大事なシーズンです。チームエンブレムがベルマーレで統一されました。これについてはいかがですか?

同じエンブレムのもとで、サッカーだけでなくフットサルや他の競技も一緒に戦います。ベルマーレ全体で、今まで以上の責任を感じてプレーしなければいけません。責任と自覚を持って戦っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami