SAL

MENU

作成日時:2022.09.26
更新日時:2022.09.26

8月にインテルBへ移籍した山田凱斗が早くもトップチームデビュー! スペインのビッククラブで第一歩を踏み出す

PHOTO BY高橋学

日本時間の25日、リーガ・ナシオナル・フットボール・サラ(LNFS)の第2節、パルマ・フットサルvsモビスター・インテルFSの試合が行われ、そこで日本人の山田凱斗がトップチームデビューを果たした。

第2節と早いタイミングでトップデビュー!

スペインの地で第一歩を踏み出した山田は、今年3月、海外へ挑戦するためバサジィ大分を退団。練習参加を経て、8月にインテルのBチームに入団することが決まった。

インテルはスペインの中でも有数のビッククラブ。トップチームでのデビューはもう少し先かと思われたが、第2節と早いタイミングで起用されることになった。

なお、試合は4-5でインテルが敗戦。しかし、22歳の日本人にとって特別な一戦になったことには変わりない。今後はチームの勝利に貢献するような活躍に期待したい。

■試合ハイライトはこちら(LNFS)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼