SAL

MENU

作成日時:2022.09.30
更新日時:2022.10.03

【アジアカップ|試合後コメント】注目の日韓戦で完封勝利!木暮賢一郎監督「選手たちは粘り強く戦った」

PHOTO BYAFC

30日、日本代表はクウェートで行われているAFCフットサルアジアカップのグループリーグ第2節を戦い、韓国代表に6-0で勝利した。

初戦を落とし、背水の陣で挑んだ日韓戦で、しっかりと完封勝利を収めた日本代表。今大会初勝利の試合を終え、指揮官の木暮監督が取材に応じた。

すべての選手がいい入りをしてくれた

こんばんは。この試合に勝利することができて嬉しいですし、大会の戦いに戻ることができたと感じています。

──韓国が早い時間帯からパワープレーをしてきましたが、予想していましたか? そして選手たちはどう乗り越えましたか?

長い時間パワープレーをされたので、まずは忍耐強さが必要でした。相手がパワープレーを開始してから2分でシステムを変えましたが、私たちの選手たちは粘り強く戦い、試合をコントロールするために次のゴールを狙いました。

──次はベトナムが相手になります。ベトナムについて何か知っていることはありますか?

私たちにとって、すべての試合が“決勝戦”です。私たちの目標はチャンピオンになることで、すべての試合でベストを尽くします。それでも次の試合はとても重要になります。次のラウンドに進めるかがかかってくるからです。自信を持って臨まなければいけませんし、私は自分の選手たちを信頼しています。

──後半から出場した若い選手たちの評価は?

若い選手たちにはもともと期待をして評価をして連れてきています。その中で、どのタイミングで良い時間帯に使うかを常に流れを見ながらやっていました。1試合目はゲームの展開上、そういうところがありませんでしたが、今日は前半からすべての選手がいい入りをしてくれた。次のゲームのプランニング、体力的なところ、噛み合わせだったり、非常に戦術的にコントロールできた後半だったと思います。全員が素晴らしいプレーをしてくれたと思います。

──ピヴォの選手がまだノーゴールですが、伝説的なピヴォだった木暮監督はどのように見ていますか?

ゴール以外の部分で貢献している部分がたくさんあります。次の重要なゲームでは、間違いなく点を取ってくれると信じています。

▼ 関連記事 ▼