SAL

MENU

作成日時:2023.10.16
更新日時:2023.10.16

衝撃のアクロバティック弾!「おめでとう!」横浜・小林歩夢のFリーグ初ゴール&バイシクルゴールにファンが大興奮した瞬間

PHOTO BY高橋学

【Fリーグ】Y.S.C.C.横浜2−6名古屋オーシャンズ(10月14日/横須賀アリーナ)

衝撃のFリーグ初ゴールが生まれた。Y.S.C.C.横浜のルーキー・小林歩夢が絶対王者・名古屋を相手にダイナミックなシュートを決めてみせた。デビュー2年目、20試合目で奪ったメモリアルゴールには、「おめでとう!」とファン・サポーターも大いに喜んだ。



デビュー戦から20試合目で待望の初ゴール!

小林歩夢のゴールは5点を追いかける33分、兄・拓夢のシュートが起点で生まれた。

パスワークで名古屋陣内を崩した横浜は、伊藤玄のパスを受けて拓夢がミドルを放つ。これはGKに弾かれてしまうが、左ポスト付近に詰めていた歩夢が、すぐさま反応した。

ゴールに背を向けた状態から右足を振り上げ、バイシクルのような体勢でフィニッシュ。ボールは、倒れ込んだままのGKの頭上を超えてゴールネットを揺らした。

小林歩は昨シーズン、横浜のセカンドチームから特別指定選手登録を経て、今シーズンから正式にトップチーム昇格した。このゴールにはファンも「よく詰めてた」「おめでとう!」「チームがのりそうなゴール」「アクロバティック!」と祝福の声が集まり、ABEMAで解説を務めた元日本代表・渡邉知晃氏も「ちょっと後ろめにボールが飛んでいるところを、(体を)ひねってよく枠内に飛ばしましたね」と称賛した。



小林歩は、クラブのメインパートナーである株式会社HAREに勤務中で、広報担当者もSNS上で、「歩夢の初ゴールうれしかった〜、親心で一安心です」と反応した。

試合は2-6で敗れたものの、名古屋を相手に決めた小林歩の初得点は、そのインパクトともあいまって、自身のキャリアに深く刻まれたことだろう。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼