SAL

MENU

作成日時:2024.04.08
更新日時:2024.04.09

【日本代表】前回大会優勝に貢献した守護神・黒本ギレルメ。「個人ではなく、GKチームとして一体となって戦っている」

PHOTO BY伊藤千梅

開幕までいよいよあと2週間を切ったAFCフットサルアジアカップタイ2024。ベスト4以上の国に与えられるワールドカップ本大会出場権獲得、そして大会連覇に向け、日本代表が3月30日から高円宮記念JFA夢フィールドで国内合宿を行っている。

前回大会で素晴らしい活躍を見せたGK黒本ギレルメも、順調に調整を続けている。ワールドカップ出場権獲得、大会2連覇を達成するには、内山慶太郎コーチ率いるGKチームの活躍も不可欠になってくるだろう。

合宿7日目の4月5日、トレーニングを終えた黒本に話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



僕たちは最強のGKチーム

──アジアカップに向けた国内合宿が始まって1週間が経ちました。ここまでの仕上がりはいかがですか?

オフ明けだからきついね(笑)。でも、強度の高いトレーニングができていていい感じだと思います。個人的にも怪我が治ってコンディションはいいです。タイに行ってからは現地時間や気候に体を慣らしながら、少しずつ本番に向けて仕上げていく感じになると思います。

──今大会は9月に行われるワールドカップの予選を兼ねるという点が、優勝した前回大会とは大きく違いますね。

たしかに2年前とは全然違う大会になると思います。連覇を達成して、アジアチャンピオンとしてワールドカップに行けたら最高ですね。

──まずは初戦のキルギス戦がかなり大事になりそうですね。

間違いないね。フィジカルも強いし、手強いチームだと思います。監督も元ペスカドーラ町田のルイス・ベルナットさんなので、日本の選手たちの特徴もよくわかってる。難しい試合になると思っています。そうでなくても初戦は難しいからね。メンタルの部分も含めて、とにかく試合の入りが大事です。

──この数年、日本代表は南米やヨーロッパの強豪とも何度も対戦してきましたが、アジア勢との戦いはまた違った難しさがありそうですね。

そう!全然違う。向こうは引き分けでも勝利したような雰囲気になるだろうしね。キルギスも韓国もタジキスタンも、僕たちと引き分けて1ポイントでも取れたら決勝トーナメント進出の可能性が高くなると考えていると思う。そういう相手との試合は、絶対難しい試合になります。

──日本をリスペクトして、自陣に引いて守ってくる可能性も高そうです。

そうですね。しかもさっき話したように、アジアの国のレベルはかなり上がってきています。絶対難しい試合にはなるので、いいことも悪いことも、いろんな展開をイメージしておく必要があると思います。とにかく自分たち次第ね。あまり先のことは考え過ぎず、1戦1戦、目の前の試合に集中して戦うのが大事だと思います。

──ブラジルにいるご両親も、黒本選手の活躍を楽しみにしているのではないですか?

そうですね!アジアカップは多分ブラジルでは放送されないけど、ワールドカップに出場できたら現地に観に来てくれると思います。最初で最後になるかもしれません。去年のブラジル遠征の時に初めて日本代表としてプレーしているところを家族に観てもらえたけど、それは本当に素晴らしい瞬間でした。僕個人としても、日本代表としてワールドカップに出たくて11年前に日本に来たからね。フットサル選手である以上そこに出たいという気持ちは強いので、そのためにも今、1日1日を大事に準備していきたいと思います。

──フィウーザ・ファビオ選手、ピレス・イゴール選手、内山慶太郎GKコーチと形成するGKチームも素晴らしいユニットになっていますね。

最強のチームだと思います。お互いを高め合えていると思うし、特徴もそれぞれ違うし、最高のGKコーチがいるからね。楽しいし、学ぶことも多いです。個人でというよりは、僕たちは日本代表のGKチームとして戦っています。誰が出てもみんなで活躍して、「日本代表には一体どれだけいいキーパーがいるんだ?」と思ってもらえるように頑張ります。

↓日本代表の全てがここにある↓



 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼