SAL

MENU

作成日時:2024.04.08
更新日時:2024.04.09

【日本代表】2年前以上の活躍を誓う長坂拓海「前回以上に覚悟を持ってここに来ている」

PHOTO BY伊藤千梅

開幕までいよいよあと2週間ほどに迫ったAFCフットサルアジアカップタイ2024。ベスト4以上の国に与えられるワールドカップ本大会出場権獲得、そして大会連覇に向け、日本代表が3月30日から高円宮記念JFA夢フィールドで国内合宿をスタート。トレーニング最終日の4月6日には、リガーレヴィア葛飾との練習試合を行い、8-0で日本代表が勝利した。

今大会、自身二度目のアジアカップを戦う長坂拓海。前回大会は直前の国際親善試合で代表に復帰し、海外遠征の経験がないまま中東・クウェートでの戦いに臨んだ。

「ついていくのがやっとだった」あの日から2年。“木暮ジャパン”のメンバーとして活動を重ね、自信を身につけた長坂の表情は、頼もしさを増している。

練習を終え、長坂に話を聞いた。

↓日本代表の全てがここにある↓



自分がここに来ている意味を示す

──今日で国内でのトレーニングは最終日になりました。この1週間振り返ってみてどうでしたか?

オフシーズンからの代表活動に臨むにあたって自分なりに準備はしてきたつもりですが、やっぱり代表は強度が高いところなので、正直めちゃくちゃきつかったです。ただ、今までのウズベキスタン、ポルトガル、アルゼンチンとの試合の積み重ねがあったので、比較的スムーズに戦術は思い出すことができました。アジアカップを戦う上での強度を意識して、すごくいいトレーニングができたと思います。あとは明日の練習試合と、タイに行ってタイ代表とオーストラリア代表とも試合があるので、そこに向けてしっかりと良いコンディションで臨むことが大事かなと思います。

──国際親善試合でアルゼンチン代表や、ヨーロッパや南米の競合チームと試合を通じて実戦で積み重ねてきたことが、今トレーニングを再開して出てきていると感じますか?

今までは戦術の理解をする段階での反省点とか、課題、できたこと、できなかったこと、という仕分けでした。今は自分の強みをどう出すか、短所を克服するかなど、戦術理解のもう1つ上の段階に行けているなと感じられるようになってきました。その点で実感があるのは成長かなと思います。

──前回大会のアジアカップは初めての海外だったとので、慣れるところからスタートしたと思います。今回は積み重ねもあると言うことで、自信も違うものがありますか?

この前のアジアカップとは気持ち的にも全然違います。もちろん前回も甘い気持ちで臨んだ訳ではないですが、今回はワールドカップの出場権を争いますし、アジア連覇もかかっています。個人的にも今年30歳になる年なので、ここに向けて準備してきました。前回以上に覚悟を持ってここに来ていますし、タイに行ってからもやるつもりです。いや、やります!(笑)

──前回大会で感じたこと、覚えていることは何かありますか?

試合には出させてもらいましたしアシストもできましたが、なかなか自分の思うようなプレーはできませんでした。自分の得意なプレーや、インパクトを残すことができずにすごく悔しい気持ちを覚えているので、その気持ちを背負って、このアジアカップに望みたいと思います。

──代表の戦術を理解して体現するその先に、自分の強みも出していく。順番にイメージして取り組めている感覚はありますか?

今までは「こうやったら、こう動く」というセオリーの動きでしか体現できず、考えながらプレーするとどうしても一歩遅くなることがあります。まだ全然できない部分も多いですけど、少しずつ考えずに無意識にできるようになってきました。ただ、そこから自分の長所を出さないと、自分がここに来ている意味がなくなってしまう。どれくらい出場時間があるかわからないし、もしかしたら長い時間出れるかもしれないし、全然出れないかもしれない。でも、ここに自分が呼ばれたということは僕にしかできない役割があるはずです。周りについていくことだけに必死になるとどうしても自分の長所を出すことを忘れてしまう時があるので、常に長所を忘れず、どんなに他でミスをしても自分の色を出そうと言う気持ちで今取り組んでいます。

──具体的な目標はありますか?

いつも目にみえる結果を出すと言っているますけど、まずはワールドカップの出場権はもちろんアジアカップの連覇を必ず成し遂げたい。あとは…点を取ります!(笑)。少しでも自分が点を取ればチームのためになりますし、アシストでも守備でもチームの勝利に貢献すると言うことになると思うので。自分が結果を残すことを貪欲に求めて、チームのためになるプレーをやっていきたいなと思います。



↓日本代表の全てがここにある↓

【日本代表】AFCフットサルアジアカップタイ2024|試合日程・結果・順位表|試合会場

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼