SAL

MENU

作成日時:2024.04.21
更新日時:2024.04.21

【アジアカップ2024|ミックス/日本vs韓国】FK守備のスポット守備&クローザー的起用にも安定感のピレス・イゴール「大会の最初から最後まで、呼ばれたらいつでもいける準備が大事」

PHOTO BY本田好伸

4月20日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第2節・韓国代表戦に臨み、5-0で勝利した。

W杯出場に向け負けられない日本は、新井裕生、平田ネトアントニオマサノリ、仁部屋和弘が決めて大量5得点。守備でも終始落ち着いた対応を見せ、無失点で今大会初勝利を挙げた。

怪我の回復が間に合わなかったフィウーザ・ファビオに代わり、開幕直前に登録されたGKピレス・イゴールも、今大会初出場。相手セットプレーでのピンポイント起用に加え、第2ピリオド終盤にもピッチに立ち、安定したプレーを披露。先発した黒本ギレルメとのリレーでクリーンシートに貢献した。

試合後、イゴールに話を聞いた。

■韓国戦 ハイライト(グループC第2戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


チームとしての経験、成長を感じた

──イゴール選手は今大会に向けたサポートメンバーとして帯同を続けてきて、その後、フィウーザ選手に代わって開幕直前に登録となりました。どんな気持ちだったのでしょうか。

まず、今回サポートメンバーに選ばれてとてもうれしかったです。ちょっとびっくりしました。去年の秋からウズベキスタン、アルゼンチン、ポルトガルとの試合ではメンバーに入っていなかったので、今回のアジアカップは選ばれないと思っていました。チームのためになんでも手伝いたいと思っていましたけど、(フィウーザ・)ファビオの怪我は本当に残念。誰だって怪我はしたくないけど、スポーツだから時々こういうことも起こってしまいます。いつなにが起きてもすぐに大会に入れるように準備してきたので、ファビオの分も頑張ろうと思いました。

──2022年のクウェート大会では初戦でサウジアラビアに敗れて、2戦目の韓国戦からイゴール選手が先発出場しました。今大会も第1戦でキルギスに敗れたことで2年前と似た状況になったと思いますが、今日の第2戦ではどんなふうに出場するイメージをもっていましたか?

キルギス戦は出なかったけど、いつでも出られるように常に準備していました。出場するのは第2戦かもしれないし、第3戦かもしれない。前回大会の決勝では最後の最後でピッチに立ちました。最後は監督が決めることだから、僕たち選手は大会の最初から最後まで、呼ばれたらいつでもいけるように準備する。そのメンタリティが大事だと思います。

──今日の韓国戦では、第1ピリオドの相手のFKの場面で黒本選手からイゴール選手にスイッチする場面がありました。あの交代は試合前の段階で決まっていたのでしょうか?

そうです。木暮(賢一郎)監督とうっちーさん(内山慶太郎GKコーチ)から話があって、僕たちもそのつもりで準備していました。

──第2ピリオド終盤にもクローザーのようなかたちでイゴール選手がピッチに立ちました。普段所属するチームではああいった使われ方をすることはあまりないと思いますがどうでしたか?

ピッチに立つのが1秒でも10秒でも、日本代表としてプレーできるのはうれしいし、誇りです。もちろん、プレー時間が長いほどもっともっとうれしくなる。今日も最後の4分だけでしたが、もっと点が入ったほうがいい、失点しないで終わるほうがいいと思ったので、自分にそういうプレッシャーをかけながらプレーしました。

──前回大会も初戦で敗れて、2戦目から勝ちを重ねて最終的にアジア王者に輝きました。今のチームもその時と同じ道をたどれている感覚はありますか?

今回も初戦は勝つことができず残念でした。だからもう、2年前と同じ道を行くしかないですね。ここからのすべての試合で勝たないといけない。イランはアジアで一番強いチームだから決勝でやれるほうがいいけど、ベスト8で当たるかもしれない。でも、ワールドカップに行くためには勝つしかない。まず次のタジキスタン戦ですね。全試合が決勝戦だと思って戦います。

──前回似たような状況を経験していたので、初戦で敗れた後の切り替えはしやすかったですか?

前回は初戦で負けて、みんなもっと不安な気持ちになっていたと思います。今回もキルギスに負けて悔しい気持ちはあったけど、すぐに切り替えました。今日の韓国戦に向けてリセットできていたし、チームとしての経験、成長を感じました。素晴らしいゲームができたと思います。

──今大会は大黒柱であるオリヴェイラ・アルトゥール選手を開幕直前の怪我で欠くことになりました。アルトゥール選手不在というのはチームにどういった影響があると感じますか?

アルトゥールは世界トップレベルの選手ですね。日本代表でも間違いなく特別な選手だから、もちろん影響は大きいです。でも、ファビオと同じで、スポーツには怪我がつきものだからしょうがない。清水(和也)も同じ。チームみんなで前を向いて、彼らの分も頑張らないといけません。とにかく次の試合も勝てるように、全員でいい準備をして頑張ります。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼