SAL

MENU

作成日時:2024.04.21
更新日時:2024.04.21

【アジアカップ2024|ミックス/日本vs韓国】どんな状況下でも、自分の強みを出す。長坂拓海「いつどこでだれと出ても、自分の特徴を発揮できることが必要」

PHOTO BY本田好伸

4月20日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第2節・韓国代表戦に臨み、5-0で勝利した。

初戦ではたった1回しかピッチに立つ機会がなかった長坂拓海は、そこで得点のチャンスをつくり出した。2戦目では3セット目に登場し、35分の仁部屋和弘の得点を演出。チャンスをものにし、結果を残した。

悔しさをバネに少ない出場時間から這い上がり、チームを勝利に貢献した長坂に話を聞いた。

■韓国戦 ハイライト(グループC第2戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


縦に突破してマイナスに出すのは得意な場面

──初戦を終えて、プレータイムがあるというのは練習の時に監督から話もあったと思いますが、中1日での韓国戦にはどういう気持ちで入りましたか。

1試合目は、1回出場したのみだったので、(今回は)なんとか結果を残そうという気持ちで臨みました。

──初戦は短い時間のなかで、堤優太選手からのボールをファーで合わせた場面がありました。あれを決めたかったという気持ちは残りましたか?

そうですね、決められたら最高でした。得失点差とかもありますし、どんな形であれ僕が点を取ることによって必ずチームのためになるので、それはもちろん決めたかったです。

──今日の3セット目は仁部屋和弘選手、山田凱斗選手、山中翔斗選手という組み合わせでした。このセットのなかで、自分の武器をどういうふうに発揮したいと思っていましたか?

1対1で仕掛けられる選手が2人いました。僕はどちらかというと1対1をする場面もありますが、動き回るというか、相手を迷わす動きをするのが特徴だと思っています。

そこで、(他の選手に)ただ1対1をさせるのではなくて、僕が相手を迷わせるとか。逆に相手が仕掛けに引きつけられたら、小さな隙間を狙ってゴールに向かうことが僕の特徴だと思っているので、そこは意識してやりました。

──昨日の練習でも、セグンド(ファー)で触って決めていたじゃないですか。今日も見たいなと思ったんですよね。

ペナルティエリア内でのワンタッチシュートなどは僕の特徴でもあると思います。そこは1対1を仕掛ける選手を信じて待つだけですし、もう少し試合の中でも出せたらいいなと思います。

──仁部屋選手へのアシスト、よくあの体勢からマイナスに出しましたね。

縦に突破してマイナスに出すのは所属クラブでもよくやっていて、得意な場面ではありました。仁部屋選手がいるのはわかっていたので「どうぞ決めてください」という気持ちで出しました。それをしっかり決めてくれたのはさすがだなと思います。

──石田健太郎選手と長坂選手のコンビは所属クラブのバルドラール浦安でもありますが、今日に関してはセットが別で、他の人ともいろんな意味で合わせていかなきゃいけない。そういうのが代表チームではありますよね。

そうですね。リーグで対戦している選手たちは特徴はもちろんわかっていますし、合わせなければいけない。必ずしも(石田)健太郎と一緒に出るわけではないですし、いつどこでだれと出ても、自分の特徴を発揮できることが必要になってくると思います。

今日はこのセットでしたけど、次の試合、その次の次の試合ではもしかしたら違うセットかもしれません。そのなかでも自分の強みを出せるように、どんどん走り回って、相手の嫌なことをしていけたらいいなと思います。

オフの時も自然体でいられる

──2年前のアジアカップではクウェートが初海外だったじゃないですか。あの時はちょっと肌荒れをしていて(笑)。それから今、海外は何回目になりましたか?

海外は代表で行ったのが全部なので、ウズベキスタン、ポルトガルと、今回4カ国目です(笑)。

──今大会はここまで長坂選手の肌を見ていて、すごく調子が良さそうだと思ったのですが。

いや、そうですね(笑)。海外の耐性がついたので。クウェートの時はご飯とかもちょっと厳しい面がありましたけど、それと比べたら環境的にも、オフの時も、自然体でいられているのかなと思います。

あの時は1回離脱した時以来の代表選出で、初めましての選手が多いなかでやっていました。今回はウズベキスタンやポルトガル、国内のアルゼンチン戦という積み重ねがあるので、少しリラックスして、いい形でプレー面以外でもできているのかなと。そういうのが、肌に現れているのかな(笑)。

──日本代表チームでも、ピッチ内だけじゃないコミュニケーションができてきているのかなと。

そう思います。それがコミュニケーションの頻度などプレー面にも現れていて、違うセットでも見ていて思ったことを伝えて、伝えてもらうやり取りが、すごく良くなってきているのかなと思います。

特に1戦目に比べて、2戦目は、僕以外でも他のセットの選手とコミュニケーションをとることが多くなった。そういうところからまた雰囲気が変わると思います。小さいことでも一つひとつ、勝つためにやれることはすごくたくさんあると思いますし、それが今日は1戦目と比べたらできていたのかなと思います。

──浦安のチームメイトも、小宮山友祐監督も、サポーターも、みんな長坂選手のゴールを期待していると思います。

もちろん点を取れたら一番いいと思うので、どんどん点決められるようにやっていきたいと思います。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼