SAL

MENU

作成日時:2024.04.23
更新日時:2024.04.24

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsタジキスタン】木暮監督から引き継いだ、“10番”の重み。金澤空「もっと目に見える結果を出さなきゃいけなかった」

PHOTO BY本田好伸

4月22日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第3節・タジキスタン代表戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果により日本はグループステージを突破できず、ワールドカップ出場権を逃した。

「10番」は、木暮賢一郎監督が現役時代に日本代表でつけていた番号だ。木暮ジャパン体制になってから10番を背負い続けている金澤空も、その番号の重みはよくわかっている。

1勝1敗で迎えた、運命のタジキスタン戦。金澤は右サイドからのクロスで日本の先制点を演出した。しかしタジキスタンの攻撃に耐えかね、26分に追いつかれた日本は試合をドローで終え、目標としていたワールドカップ出場とはほど遠い、グループステージ敗退という結果に終わった。

「この番号をもらってる以上、もっと目に見える結果を出さなきゃいけなかった」

試合後取材に応じた金澤は、何度も絞り出すように「申し訳ない」という言葉を口にした。

■タジキスタン戦 ハイライト(グループC第3戦)

↓日本代表の全てがここにある↓

グレさんと一緒にワールドカップを戦いたかった

──今日の試合も積極的に仕掛け続けていましたが、自分自身としてはどうでしたか。

もう、チームが勝つことができなくて、貢献することができませんでした。

──終わったばかりで難しいところがあると思いますけれども、足りなかったと感じるところや、フットサルプレーヤーとしてなにか課題を感じていることはありますか。

ちょっと今は考えることが難しいですが、質問の答えにはならないですけど、申し訳ないです。

──平田ネトアントニオ選手がなかなか立ち上がれない姿もありましたね……。

フットサルに関わる全ての人たちの期待に応えて、フットサル界の環境を良くするためにも結果を残すしかなかったですけど、それができなかった。10番という背番号をもらいながら全然なにも結果を残せませんでした。

──サポーターにも一言お願いします。

普段からもそうですし、今回の1戦目に負けた後も自分たちをほんと信じて応援してくれてるというのは、SNSなどを通してすごく自分たちにも届いてました。
その方たちのためにも絶対ワールドカップ行きたかったし、なにより自分の近くで応援してくれている人たちに、本当に申し訳ない気持ちです。

──先ほど10番という言葉が出てきました。10番を背負うことの重みを感じたり、意識することはありましたか?

そうですね……。グレさん(木暮賢一郎監督)がつけていた番号ですし、グレさんになってから自分はずっと代表に呼んでもらって信頼して使ってもらっている。自分がなかなか名古屋オーシャンズで結果を残せない時も、信じてずっと呼んでくれました。本当に成長させていただいたので、そんなグレさんと同じ背番号の自分がもっともっと結果を残して、一緒にワールドカップを戦いたかった気持ちはあります。10番をもらっている以上、もっと目に見える結果を出さなきゃいけなかったと思います。

──ただ、1点目を奪ったシーンは金澤選手の価値を出して「まさにこれが金澤空だ」というゴールだったと思います。あのシーンはイメージ通りでしたか?

スカウティングで、相手はコンパクトになりボールウォッチャーにもなるのが狙い目だったので、そこを突いて1点取れたのは良かったです。でも、後半はそういったプレーが全然できなかった。スカウティング映像もコーチングスタッフや、自分と同い年でテクニカルスタッフのマサ(林誠晃さん)が本当に毎日、ほとんど寝ずに僕たちに映像を届けてくれていました。そういう方たちにも、本当に申し訳ないです。

↓日本代表の全てがここにある↓


▼  ▼

▼ 関連記事 ▼