SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア

【U-20王者の座談会】Fリーグ選抜の5人は、アジアの頂でどんな景色を見たのか?

PHOTO BY舞野隼大

“心が2倍になった”、代表チームを救う追加点

──決勝は前半を2-0で折り返して、終盤までその点差で進んでいました。でも、34分に失点して1点差に。あのときの心境を覚えていますか?

畠山 あの失点は、僕がキックフェイントでかわされてしまいました。

髙橋 あのときの音量はすごかったなぁ。決められた瞬間、会場が揺れたよね(笑)。

田淵 そうそう。ボリュームがすごくて、頭が痛くなったから。

山田 あの雰囲気には焦ったよね。

畠山 いやいや、俺が一番焦ったから。やばい、終わった……って。

田淵 だけど(38分にパワープレー返しから自分の)ゴールが決まったときは「心倍(こころばい)」になった。

松川 こころばい? ダブルハート(笑)?

田淵 そう、ダブルハート。

──3-1とリードを戻したあのゴールは、チームに大きな勇気を与えた、と。

髙橋 もう、勝ちを確信しましたね。

田淵 いやいや、俺は何も思っていなかったよ。

松川 めちゃくちゃ喜んでいたじゃん(笑)。

田淵 でもまだわからなかったから。

髙橋 でも、絶対に守れるという感じはあったよね。

田淵 うん。“心が2倍になって”守れる自信はついた。

山田 2倍になった(笑)?

田淵 うん、2倍。4倍でもいいけど(笑)。とにかく自信になった。

──独特な表現ですね(笑)。そして試合終了の笛がなって、優勝が決まった。どうでしたか?

髙橋 とにかく、嬉しかった。

田淵 そのまま膝をついて泣いちゃいました。

畠山 その瞬間、僕はベンチでしたけど、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

──表彰式では、畠山選手がトロフィーを掲げました。畠山キャプテンはどのようなリーダーでしたか?

髙橋 キャプテンのくせにちょっと天然(笑)。でもやっぱり、一番キャプテンを任せられる選手でしたね。

畠山 個人的には、キャプテンっていうタイプじゃないと思っていたんだけど……。

田淵 そういうキャプテンもいるよ。

畠山 何もしていなかったけどね。

田淵 代表のキャプテンって絶対に難しいと思う。これをやるっていう明確なものは、円陣の前に声を出すことだけ。そういう意味では、誰でも大丈夫だったよね(笑)。

山田 勇気はもちろん素晴らしかったけど、でも全員がキャプテンみたいな感じだったね。

田淵 うん、全員がキャプテンだった。仲間を信じて戦います!

松川 戦います(笑)?

田淵 戦いました(笑)!

──畠山選手は、キャプテンとして何か特別な意識はありましたか?

畠山 うーん……特に意識をしていませんでした。考え過ぎると自分のプレーもうまくいかなくなってしまうのではないかと思っていたので。

田淵 でも、落ち込んでいる人がいたら、声を掛けていたり。

畠山 今さっき話がありましたけど、やっぱりみんながキャプテンのようでしたし、何か特別なことを意識していたわけではないですね。

──では、この5人でMVPを決めるとしたら?

山田 なんだかんだで、網汰はすごかったと思う。

松川 いやいや……。

髙橋 最後に出てきて仕事をして帰る、みたいな(笑)。仕事人や。

田淵 でも、みんながMVP。

畠山 全部「みんな」でまとめようとする(笑)。

田淵 だってみんなゴール決めたじゃん。

松川 たしかに。

山田 1人がゴールを決めて勝った試合はなかったよね。

松川 でもMVPはラファ(田淵)じゃないかな。

田淵 いや、失点しなかったのはみんなでゴールを守ったから。そう考えるとみんなじゃないかな?

髙橋 いや、ラファで。

田淵 何もしてないよ(笑)。

山田 俺ら、(5試合で)失点数は4とか5だよね?

畠山 いや、7失点だよ(笑)。

山田 そんなに失点した? そうか、イランに4失点したからね。

畠山 でも、他国と比べても少なかったと思う。

山田 それで、何点取ったんだっけ?

松川 5試合で17点。

山田 うーん……ラファがすごく頑張ってくれたおかげだし、やっぱりラファかな。

田淵 みんな頑張ったよ。

髙橋 みんな頑張ったけども(笑)。

松川 やっぱり、めちゃくちゃ止めてくれたからね。

【次ページ】オフ・ザ・ピッチのMVPは……?

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami