SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.03.28

【日本代表/WEB取材】“U-20アジア王者世代”でA代表一番乗りの毛利元亮。「負けないぞという気持ちでやってきた。でも選ばれるだけがすべてではない」

PHOTO BY

3月25日から4月9日まで、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドで日本代表はトレーニングキャンプに臨んでいる。今秋に予定されるワールドカップ出場権を争うAFCフットサル選手権の中止が決まり、W杯本大会の出場自体が不透明ななかで、ブルーノ監督は「客観的なデータを考えれば、私たちがリトアニアW杯に出場する資格があると信じている」と、当初の想定通りW杯に出場し、過去最高成績(ベスト8以上)を狙っていく意志を示した。

この期間に、初めてブルーノ・ジャパンの一員となったのが毛利元亮だ。2019年6月のAFC U-20フットサル選手権は、直前のケガで離脱し、代わりに戦ったメンバーが大会を初制覇。喜びと悔しさを同時に味わった。あれから1年半、毛利はFリーグで異彩を放った。19歳ながらペスカドーラ町田の核となり、2020シーズンは21試合・13得点をマーク。星翔太に「注目してみていた」と言わせしめる19歳のピヴォが、満を持してA代表に選ばれた。この舞台は、彼にとってどんな場所なのか。28日、4日目の午前練習を終えた毛利が、オンライン取材に応じた。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/WEB取材】古巣・北海道への復帰を決断した室田祐希。「(水上)玄太さんや(鈴木)裕太郎さんともう一度プレーできることが楽しみ」

【日本代表/WEB取材】「簡単に(GK陣の)序列が変わることはほぼない」。それでも、W杯出場のチャンスを狙い続ける“三番手”矢澤大夢。

【日本代表/WEB取材】齋藤功一と橋本優也、引退した盟友の意志を背負う男・八木聖人。「『あいつらはすごかったんだぞ』と言えるのは僕とマサしかいない」

【日本代表/WEB取材】新戦力・アルトゥールの強力な“相棒”加藤未渚実。「2人組の関係で実践できるものを厳選して伝えている」

【日本代表/WEB取材】日本の飛躍に不可欠な“秘密兵器”アルトゥール。「W杯のメンバーに入れる機会があるのはうれしい」

【日本代表/WEB取材】ブルーノ・ジャパンの後方の舵取り役・皆本晃。「競争がなかったことはないからこそ、逆に意識もしていない」

【日本代表/WEB取材】激化するフィクソのポジション争いに安藤良平は「自分のやるべきことはブレてはいけない」

【日本代表/WEB取材】24歳の内田隼太はこの16日間で代表でのポジションをより確固たるものにできるか。「ワールドカップのメンバーに入らないと意味がない」

【日本代表/WEB取材】“U-20アジア王者世代”でA代表一番乗りの毛利元亮。「負けないぞという気持ちでやってきた。でも選ばれるだけがすべてではない」

【日本代表/WEB取材】星翔太が“代表最終年”と位置付けるW杯イヤーへの決意を語る。「今年が最後だと思っているから、今を全力で生きる。全力でこの瞬間を楽しむ」

【日本代表/記者会見】W杯を見据えた16日間の長期合宿が開始!初招集の3名に関してブルーノ監督が言及。「非常に高いパフォーマンスで際立った活躍をしていた」

──────────────────

日本の勝利に貢献できることを証明したい

──2019年のU-20アジア選手権は直前のケガで出場できませんでしたが、アンダー世代から活躍してきました。フル代表はどんな場所でしょうか?

自分がフットサルを始めた頃からずっと目指してきたので、選ばれたときはすごくうれしかったです。今はこれ以上の目標を目指していますが、この場所は、自分が一つの目標として定めていた場所です。

──トレーニングに参加してみてどんな感触ですか?

オフ明けだったこともあり、トレーニングは強度が高く、今はついていくのが精いっぱいという感じです。そこに慣れて、これからもっと自分の良さを出せたらと思っています。

──普段の仲間とは違うメンバーとの練習ですが、Fリーグで感じていた印象が違う選手や、参考になる選手は?

星翔太選手からはよくアドバイスをもらっています。それと、「すごい!」と思ったのは西谷良介選手ですね。自分がもっていないものをもっていますし、「ここでパスをくれるんだ」ということを感じています。

──星翔太選手に教わったこととは?

たとえばボールを受けてから、一度戻した際に、「そのタイミングでもう少し深さを取ったほうがいい」とか、「もらうときはこのタイミングがいいよ」といったことですね。

──日本代表に選ばれたことで、チームメートや家族からはどんな反応がありましたか?

そんなに大きな反応はありませんでした(笑)。両親も喜んでくれましたが、一番喜んでくれたのはおじいちゃんですね。声をかけられたというより、おじいちゃんはいつも、僕の良いニュースを見つけると、父に電話をかけてきてくれるんです。

──「自分の良さを出せたら」ということですが、練習でできていること、課題に感じることなどを踏まえ、ここからどうやって自分の強さを出していきますか?

トレーニングに参加してみて、自分が得意とする前線ではできる感覚があります。ですが、足りないことのほうが多いですし、守備であったり、チームのコンセプトも違うので難しさも感じています。これからそうしたことを覚えていくことで、自分の良さもどんどん出せると思っています。

──U-20アジア選手権には出られませんでしたが、その大会に出たメンバーのなかでは一番乗りでフル代表に選バレました。今年はW杯もありますし、いよいよという気持ちもあるのでは?

たしかにU-20の中では一番でしたし、あのメンバーには負けないぞという気持ちでやってきたので、そこはうれしいです。でもやはり、ここに選ばれるだけがすべてではありません。W杯のメンバーにどうやって入っていくか。あと2週間のトレーニングで自分の良さを発揮して、日本の勝利に貢献できることを証明していきたいと思っています。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/国内合宿】初招集の長坂拓海が無念の離脱……。ペスカドーラ町田の伊藤圭汰が追加招集!

【日本代表/国内合宿】キャプテン・吉川智貴が負傷のため2週間のトレーニングキャンプを離脱……。追加で23歳の石田健太郎が招集される!

【日本代表】3月25日から2021年初の活動!ベスト5のアルトゥール、得点王の長坂拓海、新人王の毛利元亮が初選出!
──────────────────

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami