SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.04.08

【日本代表/WEB取材】古巣・北海道への復帰を決断した室田祐希。「(水上)玄太さんや(鈴木)裕太郎さんともう一度プレーできることが楽しみ」

PHOTO BY高橋学

3月25日から4月9日まで、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドで長期トレーニングキャンプに臨む日本代表。今秋に予定されるワールドカップは、その出場権を争うはずのAFCフットサル選手権の中止が決まり、W杯本大会の出場自体が不透明ではあるが、ブルーノ・ジャパンは、過去最高成績(ベスト8以上)を目指して活動を続けている。

ブルーノ監督が就任した2016年からコンスタントに招集されてきたのが室田祐希だ。昨シーズン、Fリーグでも圧倒的なパフォーマンスで存在感を示した彼は、新シーズンを前に、古巣・エスポラーダ北海道への復帰を決めた。ワールドカップイヤーに大きな決断を下した彼は今、何を想い、W杯を目指しているのか。7日、14日目の午前練習を終えた室田祐希がオンライン取材に応じた。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/WEB取材】古巣・北海道への復帰を決断した室田祐希。「(水上)玄太さんや(鈴木)裕太郎さんともう一度プレーできることが楽しみ」

【日本代表/WEB取材】「簡単に(GK陣の)序列が変わることはほぼない」。それでも、W杯出場のチャンスを狙い続ける“三番手”矢澤大夢。

【日本代表/WEB取材】齋藤功一と橋本優也、引退した盟友の意志を背負う男・八木聖人。「『あいつらはすごかったんだぞ』と言えるのは僕とマサしかいない」

【日本代表/WEB取材】新戦力・アルトゥールの強力な“相棒”加藤未渚実。「2人組の関係で実践できるものを厳選して伝えている」

【日本代表/WEB取材】日本の飛躍に不可欠な“秘密兵器”アルトゥール。「W杯のメンバーに入れる機会があるのはうれしい」

【日本代表/WEB取材】ブルーノ・ジャパンの後方の舵取り役・皆本晃。「競争がなかったことはないからこそ、逆に意識もしていない」

【日本代表/WEB取材】激化するフィクソのポジション争いに安藤良平は「自分のやるべきことはブレてはいけない」

【日本代表/WEB取材】24歳の内田隼太はこの16日間で代表でのポジションをより確固たるものにできるか。「ワールドカップのメンバーに入らないと意味がない」

【日本代表/WEB取材】“U-20アジア王者世代”でA代表一番乗りの毛利元亮。「負けないぞという気持ちでやってきた。でも選ばれるだけがすべてではない」

【日本代表/WEB取材】星翔太が“代表最終年”と位置付けるW杯イヤーへの決意を語る。「今年が最後だと思っているから、今を全力で生きる。全力でこの瞬間を楽しむ」

【日本代表/記者会見】W杯を見据えた16日間の長期合宿が開始!初招集の3名に関してブルーノ監督が言及。「非常に高いパフォーマンスで際立った活躍をしていた」

──────────────────

W杯出場は、僕の目標であり夢

──長期合宿も終盤ですが、ここまで取り組んできてどうですか?

最初は、各選手それぞれにコンディションの違いがありましたが、徐々に上がっていって、良いトレーニングができていると思います。

──昨シーズンは良いパフォーマンスを続けてオフに入りましたが、室田選手自身のコンディションは?

全日本選手権には出られませんでしたし、試合勘はない状況でしたが、今回のキャンプの紅白戦などを通して、少しずつ戻ってきていますね。

──エスポラーダ北海道への復帰が決まり、今オフにはさまざまな変化もあったと思いますが、改めて代表チームでどのようなことを実現して、再び北海道へ持ち帰ろうと考えていますか?

ワールドカップまではもう時間がないですし、今回の移籍についても悩みました。ただ、自分が目指すところは変わっていません。オフも、個人的にトレーニングを続けていました。今、北海道には若くて良い選手が多いですし、自分の経験を伝えていけたらと思っています。

──移籍に際して、北海道の仲間や周囲の選手などからメッセージをもらったりしましたか?

特にないですね。ただ、個人的には、(水上)玄太さんや(鈴木)裕太郎さんともう一度プレーできることが楽しみです。以前から連絡をとっていて、「また一緒にやろう」と話していました。

──W杯に向けては、日本代表の出場や大会の開催自体が確定していないなかでモチベーションを保ちづらい面もあると思います。そうしたなかで、大会への思いをどのようにもっていますか?

W杯に出たいという気持ちは変わらないですし、そこに向かって練習していくところはブレることなく、今まで通りやってきました。W杯出場は、僕の目標であり夢ですし、フットサルを続けてきた選手として、その舞台で結果を残すことを目指してきました。まだどうなるかわからないですが、そこに向けて日々トレーニングをしていきます。

──メンバー争いもあるなかで、今回の合宿を通して力を入れているところは?

自分の特徴であるドリブルを生かすことと、自分のことだけではなく、ピッチ全体を見て、今どこがチャンスなのかといった状況判断なども意識しています。そこについては少しずつ良くなってきていると思います。

──現在のメンバーのなかでは経験がある選手ですし、チームを引っ張る立ち位置など、変化したことはありますか?また、新しく入ってくる選手もいるなかで、若い選手との関わりはいかがですか?

(2016年に)ブルーノ監督になってからはずっと代表に呼んでもらってきて、戦術的にもだいぶわかっていますし、新しい選手に対しては、自分からコミュニケションを取って戦術確認などをするようになりましたね。

──頼られる存在になってきたというような自覚は?

年齢も年齢ですし、経験もそれなりにあるほうですから、自分が引っ張っていく立場にあると思っています。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/国内合宿】初招集の長坂拓海が無念の離脱……。ペスカドーラ町田の伊藤圭汰が追加招集!

【日本代表/国内合宿】キャプテン・吉川智貴が負傷のため2週間のトレーニングキャンプを離脱……。追加で23歳の石田健太郎が招集される!

【日本代表】3月25日から2021年初の活動!ベスト5のアルトゥール、得点王の長坂拓海、新人王の毛利元亮が初選出!
──────────────────

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami