SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.03.31

【日本代表/WEB取材】24歳の内田隼太はこの16日間で代表でのポジションをより確固たるものにできるか。「ワールドカップのメンバーに入らないと意味がない」

PHOTO BY高橋学

3月25日から4月9日まで、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドで日本代表はトレーニングキャンプに臨んでいる。今秋に予定されるワールドカップの出場権を争うAFCフットサル選手権の中止が決まり、W杯本大会の出場自体が不透明ななかで、ブルーノ監督は「客観的なデータを考えれば、私たちがリトアニアW杯に出場する資格があると信じている」と、当初の想定通りW杯に出場し、過去最高成績(ベスト8以上)を狙っていく意志を示した。

昨年からコンスタントに代表活動に招集されるようになった内田隼太にとってはこの延期はある意味でチャンス。「ワールドカップのメンバーに入らないと意味がない、という表現が正しいかわからないですが、選ばれることが一番大事」と強い意志を示した。そのためには当然ながら厳しい競争に生き残らなければならない。この16日間の長期のトレーニングキャンプは最大のアピールの場でありより己を高める場になる。7日目の練習を迎えた今、代表で何を感じているのか。31日の午前練習後、内田がオンライン取材に応じた。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/WEB取材】古巣・北海道への復帰を決断した室田祐希。「(水上)玄太さんや(鈴木)裕太郎さんともう一度プレーできることが楽しみ」

【日本代表/WEB取材】「簡単に(GK陣の)序列が変わることはほぼない」。それでも、W杯出場のチャンスを狙い続ける“三番手”矢澤大夢。

【日本代表/WEB取材】齋藤功一と橋本優也、引退した盟友の意志を背負う男・八木聖人。「『あいつらはすごかったんだぞ』と言えるのは僕とマサしかいない」

【日本代表/WEB取材】新戦力・アルトゥールの強力な“相棒”加藤未渚実。「2人組の関係で実践できるものを厳選して伝えている」

【日本代表/WEB取材】日本の飛躍に不可欠な“秘密兵器”アルトゥール。「W杯のメンバーに入れる機会があるのはうれしい」

【日本代表/WEB取材】ブルーノ・ジャパンの後方の舵取り役・皆本晃。「競争がなかったことはないからこそ、逆に意識もしていない」

【日本代表/WEB取材】激化するフィクソのポジション争いに安藤良平は「自分のやるべきことはブレてはいけない」

【日本代表/WEB取材】24歳の内田隼太はこの16日間で代表でのポジションをより確固たるものにできるか。「ワールドカップのメンバーに入らないと意味がない」

【日本代表/WEB取材】“U-20アジア王者世代”でA代表一番乗りの毛利元亮。「負けないぞという気持ちでやってきた。でも選ばれるだけがすべてではない」

【日本代表/WEB取材】星翔太が“代表最終年”と位置付けるW杯イヤーへの決意を語る。「今年が最後だと思っているから、今を全力で生きる。全力でこの瞬間を楽しむ」

【日本代表/記者会見】W杯を見据えた16日間の長期合宿が開始!初招集の3名に関してブルーノ監督が言及。「非常に高いパフォーマンスで際立った活躍をしていた」

──────────────────

自分の良いところをどんどん出す

──今日までの合宿の感触はいかがですか?

5日くらいが経過しましたが、第1クールが終わり、今日からは第2クールというか、みんなのコンディションが高まり、より本番を想定したトレーニングに入っていくところだと思います。負傷によって途中離脱してしまった選手もいましたが、チーム全体としては良い雰囲気で練習ができています。

──内田選手自身のコンディションはいかがですか?

僕に限って言えば、(延期となっていたリーグ戦の)湘南ベルマーレ戦が(3月14日に)あったので、オフがあってないような感じでした。ですから、コンディションはそれほど変わらないで取り組めています。

──以前、個人の仕掛けについては、「試合で無意識にできるところまで練習で型を作らないといけない」と話していましたが、2人組や3人組など、コンビネーションを高めるために意識していることは?

もちろん、集まる機会が短いので先輩・後輩に限らず積極的にコミュニケーションを取るようにしています。やはり練習回数をどんどん重ねていかないと連係が合ってこないところがあるので、今回のような長期間の合宿はありがたいですね。まさに、味方との連係を高めるための時間になっています。

──初招集のオリベイラ・アルトゥール選手や毛利元亮選手と一緒にプレーしてみてどうですか?

アルトゥールはリーグでも結果を残していますし、能力が高い選手だということはみなさん知っていると思いますが、そのプレーを代表でも見せています。毛利選手はU-20から上がってきた選手ということで、僕と同じような階段を登ってきました。ですから、プレーの良し悪しだけではなく、彼がここで伸び伸びとプレーできるように自分が最大限のサポートをしてあげたいなと考えています。

──これまで敵として分析してきた部分もあると思いますが、一緒にプレーしてみて感じたことはありますか? やりやすいとか、こんな特徴があるなど。

毛利選手はピヴォの1対1が得意ですし、アルトゥールはフィクソでどっしりと構えてくれているので、僕がどんどん仕掛けられるという印象があります。ただ、連係を高めていく、お互いのことを知るのはまだまだこれからですね。

──残りの合宿期間で注力したいことはありますか?

一番は自分のパフォーマンスです。ワールドカップのメンバーに入らないと意味がない、という表現が正しいかわからないですが、選ばれることが一番大事だと思っています。連係を高め、チームとして良くなっていくのはもちろんですが、最後は個人のところ。他の選手と違う強みや、自分の良いところをどんどん出していきたいです。

──────────────────
【関連記事】

【日本代表/国内合宿】初招集の長坂拓海が無念の離脱……。ペスカドーラ町田の伊藤圭汰が追加招集!

【日本代表/国内合宿】キャプテン・吉川智貴が負傷のため2週間のトレーニングキャンプを離脱……。追加で23歳の石田健太郎が招集される!

【日本代表】3月25日から2021年初の活動!ベスト5のアルトゥール、得点王の長坂拓海、新人王の毛利元亮が初選出!
──────────────────

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami