SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.05.05

【日本代表/WEB取材】Fリーグ新人王の20歳・毛利元亮が胸に秘める覚悟。「世界で戦える選手になって日本をW杯で優勝させたい」

PHOTO BY高橋学

5月3日から5月5日まで、茨城県でトレーニングキャンプを行う日本代表。3月25日から4月9日まで16日間におよぶ長期合宿に続く今回は、これまでとは異なる大きな意味をもつ活動となる。4月21日に、今年9月に開催されるFIFAフットサルワールドカップリトアニア2021の出場が決定してから初めてのキャンプとなるからだ。AFCフットサル選手権(アジア選手権)が中止となるなかで手にしたW杯出場権。ブルーノ・ジャパンは、残りの5カ月弱をどのように過ごすのか。最終メンバーには誰が選ばれるのか。キャンプ最終日となる5日のトレーニング前に、今回のチーム最年少である毛利元亮がオンライン取材に応じた。

──────────────────
【関連記事】
【日本代表】5月3日から茨城でトレーニングキャンプを実施。前回負傷離脱の主将・吉川智貴もメンバー入り!
【日本代表/WEB取材】ブルーノ・ジャパンは残り3回の合宿を経てW杯へ。「最終14名はリーグ戦のパフォーマンスで決断する。大会までの7試合は重要なものとなる」
【日本代表/WEB取材】“超攻撃的ゴレイロ”関口優志がW杯出場で感じた複雑な気持ち。「ずっと目指していたから、うれしかったけど……」
【日本代表/WEB取材】「W杯は僕にとってはディズニーランド」。平田マサノリが独特な表現で表したW杯への熱い思い。
【日本代表/WEB取材】「日本と世界のトップで一番の差は……」。スペイン経験者の吉川智貴が欧州CLを見て感じたこと。
──────────────────

一番下だと思っているけど、ここから這い上がっていきたい

──フル代表の合宿に参加しての感想は?

前回の合宿に呼んでいただいて2回目となります。前回が長かったというのもありますが、戦術理解度は上がっていて、前回よりはやれたかなという感覚はあるが、まだまだ足りなかったと感じています。

──U-20代表の合宿ではどんなことを感じたか。

(4-10で敗れた)浦安戦のことでいえば気持ちの部分でやらなければいけないことがあったと思います。初めて来たメンバーもいるし、集まる回数が少ないところもありますが、芯の部分、メンタル的な要素で負けていたかなと。自分は(A代表にもU-20代表も)どちらも呼ばれていますし、自分がそういうところにスイッチを入れていかなきゃいけなかったかなと思っています。

【関連記事】
U-20フットサル日本代表候補 バルドラール浦安とのトレーニングマッチに敗戦してキャンプ最終日を終える(JFA)

──チーム最年少だが、W杯への意気込みは。

今年になってから初めて呼んでもらったんですけど、経験値でいったら自分を上回っている選手しかここにはいません。ただ、自分の持ち味である勢いとかで違いを見せていって、W杯に自分が出るだけじゃなくて、活躍するために、日頃の練習から頑張っていきたい。自分が一番下だと思っているので、ここから這い上がっていきたい。

──Fリーグでの活躍が重要になってくると思うが。

自分は得点することが仕事だと思っていますが、日本代表ではディフェンスが求められます。自分はファウルをしてしまうところがあるのが課題です。ファウルの部分を今シーズンは改善していきたいと思っています。

──ブルーノ監督にどんなところをアピールしたいか?

得点すること、攻撃の起点になることが自分の武器です。特に大事なところで点を取るのは自分はできると思っています。決め切るところでチャンスをつかみたいですし、この競争に勝っていかないといけません

──清水和也選手や逸見勝利ラファエル選手は若いうちから代表に選ばれているが?

僕自身も「世界で戦いたい」という気持ちは持っています。世界で戦える選手になって日本をW杯で優勝させたい。

──W杯までに行われるFリーグの7試合で何点とりたい?

1試合1点以上というのは昨年から目標にしています。日本代表のこともありますけど、チームが勝つためのゴールやアシストができればと考えています。具体的な数字を出すのは難しいですが、(町田として)7勝を目指しています。

──リーグ戦で何点ぐらいとれば食い込めるか?

得点をするのはすごい好きですが、日本代表へのアピールばかりに気を取られてチームのやるべきことができなくなるのは違います。チームの中心となって勝つことで、ここにまた呼んでもらえると思っています。

──毛利選手にとって今年のW杯の位置付けは?

あと4カ月しかないというより、あと4カ月あると思っています。自分はここのチームでさらに成長できると思うし、W杯に出たいし、日本を勝たせたい。W杯で目標を達成するために自分の力は必要になる思っています。現状、客観的に見たところで(序列の)上にはいないなとは感じますが、これから勝っていく自信はあります。今年のW杯は必ず出ます。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami