SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.09.15

【アンゴラ戦翌日WEB取材】「顔は似てないけど、心から、俺は絶対日本人だ」トレンド入りの救世主は胸を張る。

PHOTO BYFIFA/Getty Images

9月15日、アンゴラとのW杯初戦を8-4で勝利した翌日、日本代表選手数名とブルーノ・ガルシア監督がオンライン取材を行なった。

「神様、仏様、アルトゥール様」「アルトゥール日本人になってくれてありがとう」「アルトゥール最高」などなど、14日未明のTwitterは、アンゴラ戦で4ゴールを決めた救世主への賛辞で溢れていた。

しかしネットにアップされた試合のハイライト動画などには、日本以外からのあまり好意的ではないコメントが寄せられたという。その国以外にルーツを持つ選手が代表に選ばれることについてのそうしたコメントに対し、オリベイラ・アルトゥールは胸を張って話してくれた。語彙こそ多くはないが、ゆっくりと丁寧に、思いの伝わる“日本語”で。


FIFA フットサル ワールドカップ 2021
J SPORTSオンデマンドで全試合LIVE配信!


俺は絶対、日本人だ。顔は似てないけど、心から、絶対日本人です

──おめでとうございます。4ゴールの素晴らしい活躍でした。初のW杯の舞台に立った感想は?
日本代表としてオフィシャルマッチは初めてだったので、素晴らしい気持ちでした。4得点が大事なことじゃなくて、一番大事なことは「開幕戦で勝利できたこと」です。

──試合の前半、なかなか点が入らなかったが?
いえ、大丈夫でしたね。そういう試合もありますし、開幕戦だから緊張したり、少しだけ不安になったり、いろいろなことがありますし、全然大丈夫です。フットサルというスポーツでは普通のことです。

──アルトゥール選手も緊張や不安があった?
少しね。初めてのW杯だったので、少し緊張してた。でも最初のパスを出して、もう緊張は終わりました。

──昨日の4得点で自分たちのやってきたことが一番うまく出せたのは?
たぶん、(第1ピリオド残り1秒で直接決めた)フリーキックと(コーナキックからの)ボレーのゴールです。

──第1ピリオド残り1秒のFKのゴールについて、どういう狙いのキック?
審判がビデオを見てた時に、「残り時間が1秒だから」とベンチから注意をもらって、パスは出せないと思いました。シュートがいいと思ったけど、試合の前に見たビデオでアンゴラのGKは(キッカーが)ボールに触る前に動いてたから。壁とGKの間にシュートを打って、正しく飛んで嬉しかった(笑)。

──キックは、強く蹴ったというよりはボールを引っ掛ける感じ?
あまり強く蹴ってないね。キックは50%の力で正しいところに飛ばせば、決まるチャンスが増えるね。

──元ブラジル代表監督でW杯優勝経験者のお父さん、ペセ監督から連絡はありました?
ありました。お父さんから、アドバイスね。いろいろなアドバイスを、もらいました。「少しずつ、1本ずつ、1試合ずつ、働き続けないといけない。そうすれば自分たちのチャンスが増える」と言われました。

──次はスペイン戦、8月31日の親善試合とはスペインも違うと思うが?
そうだね。僕たちの昨日試合は、最高の試合ではなかった。8-4で勝ったけど、試合の中でいろいろなミスもありました。今日から少しずつ変わらないといけないし、スペインとのフレンドリーマッチは、0−2で負けたけど、いい試合できました。自分たちはいいチャンスを作ったし、スペインのゴールもCKと第2PKだったから。あの試合みたいに、自分たちがコントロールできればチャンスも増えると思います。

──4ゴールを決めたアルトゥール選手にファンの人たちが、「アルトゥール様」とか「アルトゥール日本人なってくれて良かった」とたくさんTwitterでつぶやいて、トレンドにも入りました。どう感じていますか?
びっくりしたね。Twitterでトレンドに入ったので、本当にびっくりした(笑)。日本人のファンは喜んでくれてよかった。それ以外の国の人は、あまり嬉しくなかったみたい。動画のコメントとかを読んで、あまりよくないことが書いてあった。でも、俺は7年間日本に住んでいるから、絶対、日本人だ。日本人と顔は似てないけど、心から、絶対日本人です。

──日本代表のエンブレムをつけてW杯のピッチに立つ、そこにスペシャルな感情がある?
あるね。絶対あるね。国歌を聞いた時に、全部の思い出、おもったね。家族で日本に来た時のこと、全部思い出しました。

──日本代表の最多得点は稲葉洸太郎さんの5ゴールです。あと1ゴールで並びますが、この先もゴールを狙って行きたい?
はい。絶対に、頑張りたいですけど、ワールドクラスの選手がたくさんいるので難しいけど、さっきも言ったけど、1本ずつ、働いて、チームとして勝つことが大事なこと。一番はチームとして、自分がゴールを決めたらチームを助けられる。だからゴールも頑張ります。

日本代表&W杯特集

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami